2016年9月30日金曜日

ウェアラブル・ライフログカメラ、Narrative終了のお知らせ



(下に日本語)
Briefly in English: Sad, but I knew this day would come. In my opinion, Narrative AB went wrong when they decided to ignore what they promised to make. When I pre-ordered Narrative Clip 2, it didn't have video recording function, and on the original shipping month, 2015 Sept, instead of shipping the product to the ones who paid, they announced a brand new video recording function. So basically they sold me what I didn't pay for, and they delivered it much later than they originally promised us. This is merely a part of their messy decision they have made reveled to the public, and I assume they had already many things going to wrong directions at that point of Sept 2015. Also, they should have started to ask money for the Narrative Cloud service.

For those who need support, go to Narrative Lounge Facebook group. If you don't trust Narrative company anymore, or can't wait for them to finish making promised photo-downloading tool, Mr. Jonathan Hassall has kindly provided his downloading tool for us to use.


ライフログカメラNarrative、Narrative 2で知られるスウェーデンのNarrative AB(会社名)は9月26日付で任意解散(voluntary dissolution)した。これによりNarrativeシリーズのサポートは終了することとなる。

が、もちろんあなたのNarrative/Narrative 2 Clipがまだ動くならこれがすべてのおしまいというわけではない。

Narrative ABは今後Narrativeサーバーからすでにアップロードされているコンテンツをダウンロードし、Narrative Clipからの新たなコンテンツにアクセスできるツールをリリースすると宣言している。

なお、現存のNarrative Uploader(デスクトップアプリ)には「ローカルディスクにもコピーを残す」という選択肢が普通にあるので、Narrativeサーバーが亡くなってもClipが動く限りは写真を撮り保存することは可能である。クラウドに保存したいという方は、DropBoxなりOneDriveなりのフォルダをローカル保存先として指定すればよいだろう。

また、製品の今後のサポートについてはFacebookグループNarrative Loungeに参加せよとのこと。

同Facebookグループでの投稿によると、すでに会社のオフィスの家具は競売にかけられたようである。

また、Narrativeがツールを提供するのを待っていられないとか、Narrativeはもう信用できないという方は、Jonathan Hassall氏の提供するWindows用のダウンローダーを使用してNarrativeサーバーからMomentsをダウンロードできるソフトが提供されている



当初Kickstarterプロジェクト「Memoto」として始まったNarrative。その後商標関連で名称をNarrativeに変更するなど紆余曲折あったが、無事に初代Narrative Clipを製品化

クラウドサービスは当初より有料化するとの話だったものの、価格の発表は2015年にあったものの、ずっと無料のままこれまでやってきた(払わせてくれたなら払ったが、有料化に踏み切ることができなかった部分にも問題があったんじゃないか)。

後続機となるNarrative 2は2015年1月に発表された。そもそもNarrative 2においては予約した時には発送予定の月とされていた2015年9月には製品ができておらず、あろうことか当初予約開始時には発表されていなかった動画撮影機能が付加されるという、ある意味「これ自分が予約したかったものと違うんだけど」、「そんな機能どうでもいいからさっさと製品作れよ」と言われても仕方がない仕様変更があったりと迷走していた。動画機能発表直前には、謎すぎてプロモーションにすらなってなかった動画投稿チャレンジがあった。(アーリーアダプターとしての)私には会社としての歪みはここらへんでもうどうしようもなくなっていたのではないかと思う。せっかく溜めた値引きポイントKarmaの使い道は約束された「将来登場するアクセサリー」が登場することはないから結局使えずじまいだ。

日本のNarrative 2にはようやく手に入れた矢先の残念なお知らせとなった。先日報じられていた企業再編に失敗したのは残念だ。



(abcxyz)

2 件のコメント:

むら さんのコメント...

素晴らしいプロダクトだったのに本当に残念です。
優れた製品を作るだけではなく、ちゃんと事業家する推進力が必要なんですね。。

Yuu Andou さんのコメント...

そうですね、非常に残念です。どんなライフログサービスもそれを長期的に安定して使えなければ意味がないですよね。ライフログ・ウェアラブルカメラは様々なものが出てきていますが、Narrative亡き後どれを使うか決めるのかは難しいですね。