2017年6月20日火曜日

簡易レビュー:GPD Pocket到着!開封!GPD Winとの比較




ついに来た!GPD Winも持っているのに出資してしまったGPD Pocket!





箱はGPD Winと同じくこんな感じの黒に金。スクリーンプロテクターもついてきた。





Type-C Hubはこんな感じ。付属アダプタは「Quick Adapter」と書いてある。もちろんUSB Type-C用のものOutputは5V 3A, 9V 2.67A, 12V 2Aと書いてある。ケーブルもUSB Cがついてる。青いヤツはVictorinoxの十徳ナイフで、付属品ではない。






GPD Winと比較すると大きく感じる。ひんやりとした質感は高級感がある。
当方フィンランド住まいなので技適マークとかはない。



ここまで開く比較。






キーサイズもWinと比較すればかなり大きく、ブラインドタッチも(慣れは必要そうだが)できなくはない。工人舎PMのものと比較しても(これは指の感覚がギリギリブラインドタッチできるかできないかといった感じだった)、文字は非常に打ちやすい。




ただ、数字の配列が「Q」の上に「1」じゃなくて「Tab」があるので気をつけないといけないし、「A]の左は「Caps」だ。ここら辺はキー入れ替えとかでどうにかなるだろう。



画面もWin比較大分大きくなった感じがする。(この左のはSurface 3なのでサイズは10.8インチ。)





Winとのシステムの比較。セットアップはCortanaちゃんが喋りまくるんだけど、人の声が録音されている部分や機械音声の部分が混ざってて変な感じだった。前はこんなじゃなかったよな。

一応今日はここまで。また使用感とかタイプ感とかも書くかもしれないが、BlackBerry KeyOneももうそろそろ届くはずなのでそっちに気がそれちゃうかも。



(abcxyz)

1 件のコメント:

柱上変圧器 さんのコメント...

こんばんわ!

私もbackしたんですが、まだ到着しませんー^^;

Excelのリスト見ても私のPledgeIDは見当たりませんし、
もー、また詐欺に引っかかったのかと、ググっていたら貴殿のサイトに流れ着きました。

使い込んだご感想などまた聞かせていただけますと幸いです。
それではよい週末を^^