ソニッケアーの電動歯ブラシが充電できなくなったのでサービスセンターに電話してみた。

私が愛用しているPhilipsのソニッケアー電動歯ブラシ「Flex Care+」(同シリーズ所有は2台目)。長期旅行にもかかさず持って行っているこの愛機が、購入から1年と半年で充電できなくなってしまった。最近は、フルに充電しても電池の減りが激しくなっていたのだが、ついに充電器に載せても充電できなくなり、とうとう動かなくなってしまった。

説明書には、充電が切れた場合は最低でも24時間充電器に載せてみよ、なんて書いてあったのでそれも試したのだがうんともすんとも。しかたがないので購入元のAmazon.co.jpのサービスセンターメール(これは実際のところしてもしょうがないので同じ症状の方は今すぐソニッケアーの代理店に電話しよう)した。返事は

誠に恐れ入りますが、当サイトでは修理を承っていないため、修理につきましては、お手数ですが、取扱説明書または保証書をご確認のうえ、メーカーまでお問い合わせください。

配送の都合上、当サイトでは保証書へのお買い上げ日の記入は省略しております。お買い上げ日は納品書の発行日としておりますので、納品書と保証書はまとめて大切に保管してください。

納品書を破棄または紛失してしまった場合には再発行いたしますので、お手数ですが下記のリンクよりカスタマーサービスまでご連絡ください。

とのことだったので、説明書の裏側に記してあったソニッケアーサポートセンターに電話をしてみた。すると、日本の東西に一箇所づつ存在するという、同社の修理工場に連絡し、送ってくれとのことだった。もしかしたら充電器側の故障かもしれないので充電器と本体と保証書(Amazonから商品と一緒に送られてくるヤツ)を送ってとのこと。だが肝心の保証書は、電話前に数時間かけて探したが見つからず、「保証書が見当たらないのですが、Amazonの注文明細ページを印刷したのでも大丈夫ですか?」と尋ねたところ、OKが出たので印刷したものも詰めて送った。代引で送ってと言われた気がしたが、ちょうど郵便局に他にも送らなければいけないものがあったのでうっかり送料をこちらで払ってしまった。

何日かした後、「小泉楽器」なるところからの荷物の不在連絡票が。「楽器なんて頼んだ覚え…」と思っていたら「小泉成器」の書き間違えだったようだ。うっかりおちゃめな宅配便やさんだな。

結果届いたのは、新品になった「Flex Care+」と、「故障していなかった」充電器(送ったものが返って来た)、そして送料をこちらが出してしまったからサービスしてくれたのか、新しい替えブラシ(普通サイズ)がひとつ装着された状態で来た。内部バッテリー交換とかじゃなくって、ピッカピカの新品になったことに感動!

やっぱりサービスも含めてのこの商品価格なんだろうな。ちょっと安いからといって直輸入盤を買わずに、ちゃんと2年間保証のついたモノを買うのがお得だな、と思った次第である。


ちなみに私が持っている「Flex Care+」はこちらだが、



紫外線除菌器が付属したバージョンもある。



私はその前に購入したソニッケアーの電動歯ブラシに紫外線除菌器がついていたので、この時は少し値段もお手頃な(なぜか今Amazonで見ると値が付いている版よりも高いが)ついていない版を購入。海外でも、その国のコンセント用アダプタをつければ充電器が機能するので海外旅行にも持って行っている。

コメント