2017年4月20日木曜日

ミニマルデザインのコインケース「The Magic Coin Pouch」レビュー


IndieGoGoで出資していた「The Magic Coin Pouch」、実はしばらく前に届いて使用していたのだが、ギズモードにmachi-yaで出資中との記事が載っていたので思い出した。

常に多くのガジェットを持ち運ぶモバイラーとしては、なるべく個々の物は小さくあって欲しい。自分で財布を作ったりもするのだが、財布に関してはその収納性と共に、何を収納するか、どう収納するかが小さなデザインに落とし込むための鍵となっている。

紙のように薄いタイベックという素材と、ボタンやジッパーを用いない収納方式を採用することにより小ささを可能にしたのが「The Magic Coin Pouch」だ。折りたたむことでコインが溢れ出さないようにしている。詳しくはこの動画を見るといいだろう。





動画はElad Burkoより。




日本円よりも巨大なユーロだってこの通り。トップ画像の7ユーロちょっとを全部入れているが、たったこれだけの厚み。もちろんまだまだ入る。使い始めは生地が硬いが、使っていくうちにコインの出し入れがしやすくなる。

もちろん、一旦全てポーチから出してしまわないといくら入っているのか確認できない。その点は、ボタンやジッパーなどでコインを入れたまま開口できるコインケースに劣るが、これがデザインの取捨選択。どの小銭がいくら入っているのかをひと目で確認したいか、それともなるべく小さなコインケースに小銭を沢山持ち運びたいか、どちらの機能を選ぶか、という問題だ。いくらコインが入っているのかぐらいなんとなく覚えておけばいいだろうしね。




そういえばしばらく前にScrubbaウォッシュバッグの生地でできたミニマル財布「Scrubba weightless wallet」もレビューしているので気になる方はどうぞ。


(abcxyz)

0 件のコメント: