2016年1月30日土曜日

Narrativeが「Open Platform」をローンチ。APIやデザインとかを弄るためのプラットフォーム



Narrativeが「Open Platform」をローンチした。

開発者向けのもので、Narrative APIを弄ったり、Clipのカスタマイズなどができるプラットフォームのよう。

APIをいじってアプリを作るやつでは作例ページでは「Favorite Editor」、「Apple TV App」、「Moment Widget」などがソースコードとデモが合わせて紹介されている。

Clipのカスタマイズについては、デザインファイルがPDF形式でダウンロード可能となっており、シールのデザイン用に使えるようだ。将来的には3Dマウントとかのカスタマイズをどうにかするなにかも登場予定とのこと。


image: Open Platform

(abcxyz)

2016年1月29日金曜日

Narrative Clip 2 1080p30 Videos 動画はこんな感じ





Photograph file (.jpg)'s size varies from 700KB to 1.78MB. 画像のサイズは700KB台から1.78MB程度。


1080p30 video's size varies from 7 to 8 MB. ファイルサイズは7から8MBぐらい。








(abcxyz)

2016年1月28日木曜日

Videos Taken by Narrative Clip 2 and Photo Comparison with Clip 1 / 初代との画像比較と動画

After saving data from the Clip 2 using Windows desktop Narrative uploader, I connected the Clip 1. Then the app gave me "Your Narrative Clip is in recovery mode, please contact our support team to find out what to do next". I did contact to the support team, but at the moment let me compare some old photos taken with the Clip 1 and newly taken photos from the Clip 2.

These are the ones taken with the Narrative Clip 1 / こちらが初代Narrative Clipで撮った写真




And here are the ones taken with the new Narrative Clip 2 / こちらがNarrative Clip 2で撮った写真




It happens on the Clip 1 as well, but sometimes, in a series of photos, some photos can have very different color / 初代Clipでもたまになってたが、Clip 2でも連続した写真のうちのいくらかの色がだいぶ違うものであったりする。




And here are the videos taken with the Clip 2, 720p30 setting. Saved as .mp4 files, one 10-second file can be 3 to 5 MB. / そしてこちらがClip 2で撮った動画、720p30。.mp4形式で保存され、10秒の動画のサイズは3から5MB程度。








(abcxyz)

Narrative Clip 2 is Finally Here. Unboxing Video and Some Thoughts




Once you setup the Narrative Clip 2, you'll receive an email from Narrative, which takes you to start.getnarrative.com/your-clip. According to the page, it takes 30 minutes to fully charge the Clip 2.

But horrible thing (well, for some people who wanted to wear it for a whole day) you wish you'd knew before pre-ordering is reviled on the next page, "Wearing Your Clip". It says "Take Some Time to Get to Know Your Clip" and then "Wear it for several hours each day", I thought it was a life-log device. What's the point if you can only use it for few hours a day?

There was a Kickstarter project (Narrative also was), called "meMINI", before the first Narrative Clip has arrived to me. meMINI was basically a driverecorder for humanbeing. If a button on the device was pressed, it will record/save a video few seconds to few minutes prior to the press of the button. And this device only can be used 3 hours before charging again.

I have to keep using the Clip 2 to see how many hours I can actually use it though.






To be able to synchronize your mobile phone to Narrative Clip 2 via Bluetooth, your mobile phone must have Bluetooth 4.0/ Bluetooth LowEnergy.

I use my mobile phones as mobile hotspots. It seems, when I connect Clip 2 to these hotspots, the hotspot's connection get unstable (the phone / hotspot and any device connected to the hotspot get unstable). I tried to upload via Wifi many times, but I could upload only few videos in one single successful occasion, but most of the times the Clip 2 was "checking what time it is" and couldn't upload anything. So I ended up using good-old USB way. Connecting the Clip 2 to my computer, storing images and videos on the computer and then upload using the Narrative app on the computer.

When you connect the Clip 2 to your computer, and if you want to save the Clip 2's photos and videos, you have to disable wifi-uploading function of the clip. Otherwise, even if you change the storage setting to "Save copy to the hard drive", it won't. When uploading, it seems the Clip 2 uploads to the Narrative server itself, maybe without saving the files temporarily to the computer (like in the Clip 1).






In your mobile app (if synced with the clip) or on desktop app, you can change photo-taking interval, video duration and double-tap actions.

Clip's photo-taking interval can be changed from 10 seconds to 120 seconds, or you can disable time-interval-photo-taking function.

You can double tap to take a 10 seconds video, but this can be changed in settings. The action made by double tapping the clip can be changed to "take photo" or "do nothing" as well. Video duration can be changed from 7 seconds to 30 seconds. Video Resolution can be changed from 720p30 to 1080p30.

When double tapping the clip, it beeps. This Audio Feedback can also be disable.


(abcxyz)

2016年1月26日火曜日

My Narrative Clip 2 Is Back In Its Motherland, Not Its Destination. なぜか届かず母国に戻るNarrative Clip 2



Now my Narrative Clip 2 is back in Sweden! Where it left, and I'm still waiting to get it in a country next to it.

なぜかまたスウェーデンに帰国した私のNarrative Clip 2。さっさとフィンランドまで来てくれ。




(abcxyz)

2016年1月24日日曜日

My Narrative Clip 2 Went Euro Trip. Without Me / 私のClip 2は欧州旅行中のようだ



My Narrative Clip 2 has shipped! Yay for that! It was shipped from Sweden, and I'm getting it in Finland, Sweden's neighbour.

But instead of crossing the Baltic Sea to Finland, my Clip 2 is having a majour Euro Trip. From its birthplace of Sweden, to the Lego-land Denmark, to Paris France, and now in Köln Germany, where they have GamesCom every year.

Ljungby, Sweden
Kastrup, Denmark
Roissy Charles De Gaulle Cedex, France
Köln , Germany

Why didn't Narrative Clip 2 just cross the sea or travel by land through Arctic Sweden-Finland ways? Well actually I do understand and have experienced similar thing with some other gadgets I ordered from different companies. But sometimes it just makes you wonder how wasteful this kind of shipping method is.


このようなことを経験するのはこれが初めてではないが、どうやら隣国スウェーデンから発送されたClip 2は、バルト海を渡ってフィンランドまで来る代わりにヨーロッパ旅行に出かけたようだ。

スウェーデン>
デンマーク(カストルプ、コペンハーゲン空港のあるところ)>
フランス(シャルルドゴール空港、パリ)>
ドイツ(ケルン)

スウェーデン-フィンランド間のフェリーや、北極圏を通ってきてくれたほうが早い気もするが。


(abcxyz)

2016年1月22日金曜日

Narrative Clip 2、EU発送はスウェーデンから



昨日に発送の連絡があったが、今朝はNarrative発送アカウントから、FedExのトラッキングコード付きのお知らせのメールが来た。メールはスウェーデン語で書かれており、メール内のトラッキングリンクの先のFedExページもスウェーデン語表記。

サポートの2,3営業日との言葉通り、土日を差し引いて2営業日の26日に到着予定となっている。発送元は「Habo SE」との表記だが、もしかしたらスウェーデンの「Håbo」からの発送かもしれない。

サポートの人に対してはスウェーデン語を交えてメッセージを書いてもその部分は半ば無視されていたので、サポートは別地域の人が担当してるんだろう。


(abcxyz)

Narrative Clip 2ついに発送!(EU、黒、先行予約分)




サポートに連絡したのが良かったのか、それともただちょうどそういうタイミングになったのかは不明だが、私の注文分が発送されたとのメールが来た。サポートに連絡したのは今朝のこと。


発送通知メールの後に届いたサポートからのメールによれば、発送はFedExで、2,3営業日以内に届くとのこと。発送処理が行われればFedExからテキストメッセージが届くそうだ。

なお、昨日Narrativeは発送時期詳細を更新しているので発送を心待ちにしている方はそちらもご確認あれ。


(abcxyz)

2016年1月21日木曜日

Amazonプライムに容量無制限のフォトストレージ「プライム・フォト」



なんでもAmazonプライムの会員なら追加料金なしでウェブ、モバイル(Android/iOS)、デスクトップ(PC/Mac)から使用できる容量無制限のフォトストレージサービスが開始されたそうだ。

一応プライム会員なので一応どんなものか見てみた。これはAmazonのクラウドストレージ、Cloud Driveを使用したサービスで、写真はCloud Driveに保存される。フィンランドからだからかしらないが、なぜか英語だ。




ページによっては「最新世代のFireタブレットをお持ちの方は、デバイスで撮影したすべての写真用に、無制限ストレージを無料で入手できます」などとかいてあることからすると、もともとはたぶんこの容量無制限の写真保存サービスはFireタブレットでしか使えなかったんだろう。




今のところは写真はWindows Phoneで撮っているし、OneDriveにアップロードしてるから使うことはないだろうけど、容量無制限なのは魅力的かもしれない。なお、Googleフォトも容量無制限のフォトストレージではあるが、そちらは府ファイルの大きさに制限がある。Amazonのものにはパッと見はそのような記述はないが、どうせ今のところは使わないので未確認。


Image: Amazon

(abcxyz)

Narrative Clip 2出荷情報が更新:最初のオーダーはEU圏なら今月、他地域は4~8週間

以前も書いた通り、順番的には出荷の最初のほうであるはずの私のオーダーは、いまだOrder lookupページを見ても「Being Processed」状態で予約注文した時からなにも変化がない。

だが、発送状況を公開しているNarrativeのTumblerページ、Ship the Clipによれば:

http://shiptheclip.com/post/137702052385/12016-shipping-estimation-update


最初の予約(EU):
ゴールは今月末までにあなたのもとにNarrative Clip 2を届けること。それまで出なければ来月初めと見積もっている。

最初の予約(US/ROW):
ゴールはこれから4~8週間の間に届けること。

2番目の予約(すべてのストア):
2番目の予約フェーズに該当するものについては、生産ペース強化の具合にもよるため、正確に発送時期を見積もるのが難しい。次の数週間のうちに生産ペースを上げるので、そうしたらどれだけ早く発送できるかわかるはず。もっと詳しくわかったらアップデートをメールする。

とのこと。私はこの最初の予約に該当するのだが来週にもEUから他地域へと移動するため、もともとの発送先住所とは違う場所で受け取ることになりそうだ。一応サポートに連絡した限りでは、発送先の変更をアレンジしてくれるとのことだが、Clip 2のカラーもせっかく手に入れる順番も最初の方であるはずの黒をわざわざ選んだのに、入手が遅くなったりするんだろうか。サポートの返事待ちである。


(abcxyz)

2016年1月10日日曜日

初代Fairphoneのバッテリーを(また)無料交換。バッテリーがv2になって容量増えてる。

2014年初めから使い始めている初代Fairphone。昨年初めにはバッテリーが膨らむ問題が発生し、バッテリーを無料で交換している。あれから1年近く経とうというところでまたもバッテリーが膨らむ問題が発生。今回も無料で交換してもらえた。




以前交換品として届いたバッテリーはモデル名が交換前のものと同じであり、Faiphone側はバッテリーに問題があるとしていた。

12月31日に連絡して、1月7日に交換バッテリーが届いた。今回届いたものはバッテリーが送られてきた袋に「FP1/U Battery v2」と記してある第2世代のバッテリーのようだ。

画像はすべて右が新バッテリー、左が旧バッテリー。


これまでのものは、
バッテリー容量:2000 mAh / 7.4 Wh
電圧:3.7 V
だったが、v2バッテリーは
バッテリー容量:2100 mAh / 7.98 Wh
電圧:3.8 V
となっている。

それ以外の表記も変わっているし、バッテリーそのものに刻印されている+-マークなども微妙に変化している。

Faiphoneそのものにも第2世代のFairphone 2が販売されたが、今後もまだ初代Faiphoneのサポートは続けられ、OSがアップデートされる可能性も模索されている。今後も末永く使い続けていきたい。




(abcxyz)

2016年1月8日金曜日

AMPYは期待を裏切り対応にも不満が残る~失敗したKickstarterプロジェクトについて

ファーストインプレッションも動画も作ったAMPY MOVE。Kickstarterで支援して2つも手に入れてしまったのだが、一つは返品しようと思っている。

詳しくはKickstarterプロジェクトのコメントページでのバッカーたちのコメントを見ていただくといいだろう。短く言えば、AMPY MOVEは「プロジェクトページで宣伝されている製品とは程遠い」ものだということだ。

だがしかし、AMPYがそういったコメントに対して誠意を持って対応していれば出資者も気持ちよく過ごすことができたはずだ。残念ながらAMPYは返金には応じるものの、カスタマーサポートの質は悪く、AMPY側は製品にも宣伝方法にも問題があるとは考えていない。
公式ブログでも使用例として「ずっとバッグに入れてて、非常時に必要なだけ充電」するという使い方が紹介されているが、現実的に考えて「エクササイズ時に(重い)AMPY MOVEを装着して運動して、1か月くらいしたら使える程度に充電されているかもしれない(しされていないかもしれない)」という程度だ。

もしくは、DropKickerの投稿でAMPYの宣伝する「1時間の運動でスマホを5時間充電できる」というのがどれだけ不可能かが詳しく書かれているのを読むのもいいかもしれない。





モバイルバッテリーとしての容量と大きさ、重さを考えると持ち運ぶには不適切だし、よっぽどの緊急時にスマホを充電したい場合にはこれを振ってスマホのバッテリーを数分間延命するよりかはコンビニに行って乾電池で充電できるチャージャーでも買ったほうがいい。だがある意味でAMPY MOVEは製品としては「振って発電できるチャージャー」を作り届けたという意味では評価できる。

私はKickstarterだけに限っても32のSuccessfulなプロジェクト(進行中のプロジェクトも含めれば37)に出資してきた。そのほとんどがプロジェクトを宣言した内容通りにこなしているが、もちろんどのプロジェクトもそうしてくれるとは限らない。時には様々な事情で資金は調達できても実現に至らないプロジェクトもあるだろう。

そしてクラウドファンディングプロジェクトへ出資するうえで、これは商品の購入ではないことを忘れてはならない。小さなチームでは実現できないものを、その目標に対し共感できる人々が少額の資金援助をだして実現を手助けするものなのだ。

私が出資した32のプロジェクトのうち、成功しているにもかかわらずいまだ当初の期限をほぼ無視する形でリワードが届いていないのは2件。リワードが送られてくるのが遅れるなんてのはしょっちゅう経験しているが、どちらも何年も前のプロジェクト。一応いまだ進行中ということになっている2011年の昆虫ストップモーションプロジェクトSuper Naturaと、Tシャツだけ送られてきて1年間音沙汰がなかったが今年8月にアップデートで「いまだ製作中」とだけ言われ現在Change.orgで返金させるための署名を集めるキャンペーンがなされている2013年の温度差発電ガジェットEpiphany onE Puckだ。

なお、ギズモードジャパンの記事によればKickstarterプロジェクトが失敗する確率は9%だそうだ。

何はともあれ、私としてはこんなAMPY MOVEが大手を振ってCES 2016に出展しているのは解せない!





(abcxyz)