2016年8月28日日曜日

手ぶれ防止機能がないスマホやアクションカメラに、手頃でコンパクトなジンバル「Smoovie」(レビュー動画あり)



私の持っているGoPro Sessionには手ぶれ防止機能が備わっていない。そのためこれで撮影しながら歩けばかなり映像がぶれることとなる:





ブレブレの映像を撮ってしまったとしても、YouTubeにアップロードしてYouTube側で手ぶれ補正をかけることもできるが、そうすると映像が歪んでなんだかぐにゃぐにゃしたものとなってしまう。例えばこう:





なのでGoPro Session用にジンバルもしくはスタビライザーという手ぶれ防止用の装置を導入しようと考えた。しかし見つかったものはアクションカメラ並みに高価なものか、安価ではあるが小型とは言いづらいものだった:


 


どっちもなんだかな…と思っていたところ見つけたのがKickstarterプロジェクト、「Smoovie」





一部に磁石を用いており、スマホやアクションカメラなどの軽量なデバイスに特化したデザインとなっている(説明書によると取り付けスマホの重さは225gまで)。

スマホ取り付け用アタッチメントのみついている通常版「Smoovie」が予想希望小売価格19.99GBP(日本円で約2700円)。1/4-20カメラマウントとスマホ用アタッチメントの両方が付いたもの「Smoovie Plus」は予想希望小売価格21.99GBP(約2940円)。

私はカメラマウントもついてくる「Smoovie Plus」を購入した。GoProシリーズには1/4カメラネジが入るアダプタが別途必要となる。穴側の画像がないので何とも言えないが、例えばこれとか?





Smoovie自体は説明書によれば130g。錘がついているので当然ながら超軽量とはいかないが、かさばったり機械のついたジンバルよりは軽いだろう。使い方は錘のついた棒を伸ばしてハンドル角度を調整するのみ。非常に簡単だが、手振れがこんなに簡単に軽減されるとは驚いた。

こちらがレビュー動画。もしかしたら後で日本語字幕つけるかも日本語字幕つけた:





動画では時折風が吹く中、歩きながら撮影してみた。撮影中には:

・ただSmoovieを使用するだけ
・人差し指をジンバルの後ろに添えてSmoovieの精度を上げる(歩いたり走ったりするときにそうするよう説明書に書いてある)
・ゴム製ダンパーをつけて(風が強い時や走ってるときに使うようにとのこと)
・ゴム製ダンパー+人差し指

といろいろやり方を変えながら撮影してみたが、どうやらダンパーなしで人差し指を添えての撮影が一番滑らかなようだ。


(abcxyz)

0 件のコメント: