2016年2月19日金曜日

YOLK Solar Paper Isn't Just a Solar Panel / YOLK Solar Paperはただのソーラーパネルじゃない



日本語は下に記してあります。

YOLK Solar Panel isn't just a solar panel. Nor a paper.

Thickest part (main panel with port) is 1.1 cm, 60 grams, extra panels are only 0.15 cm, 55 grams. So thin and so light. It can be connected to each panel using magnets. No cable or plugging required.

Simple and beautifully designed. One main panel with USB ports and a display, and other extra panels which can be attached to absorb more solar energy.

Unboxing was fun. It gave me satisfaction of having a beautiful device, beautifully packed.




Yolk it is!

And of course, it's not just a beautiful thin black paper with gold frame and magnets. It works well in a gloomy cloudy autumn in Helsinki, Finland. And sunny winter in Tokyo, Japan, with no direct sunlight through a glass!

Since yesterday, I started to go out with Yolk on my shoulder bag.




There is a problem though. Magnets are just normal magnets, and not super strong ones (if it had super strong magnets, that also would have caused problems though). Magnets connects panels firmly but if you carry panels without connecting each panels with silicon-made connectors (which came with the package), panels would fall apart as you walk. This problem can be easily solved with the said connectors. Connectors are flexible enough to allow panels to be move around few millimeters, so sometimes the panels/magnets do detached from each other, but as the connectors are flexible and magnets are strong enough, panels automatically connect to each other.

I don't know what took me so long to write this review (I got it as a Kickstarter reward last November), but overall satisfaction from this product is very positive.




YOLK社のSolar Paperはただのソーラーパネルではない。紙でもない。

一番分厚い部分(ポート類のついたメインパネル)が1.1cmで60グラム、増設パネルはたったの0.15㎝で55グラムと薄くて軽い。パネルを磁石を用いてつなげ、ソーラーパネルの増設が簡単に可能。ケーブルの接続なんて必要なく、瞬時に可能だ。

デザインはシンプルながらも黒に金のアクセントが美しい。USBポートやディスプレイがついたメインパネルが一つに、あとは増設用パネル、より太陽光から発電したいのであればたくさん繋げればいい。

開封もまた楽しかった。美しいデバイスを持つという満足感がさらに満たされる開封経験であった。




そしてもちろんこれはただの磁石のついた美しい黒い紙ではない。陰鬱なフィンランドの曇った秋空でも充電で来たし、東京の晴れた日には直接光が当たらずともガラス越しに充電が可能だった。

今では外に出かけるときにバッグにつけている。

だが問題もある。磁石の力はそこまで強くはない(強すぎたら強すぎたで問題ではあるが)。パネルが磁石で引っ付いた状態で持ち歩けばパネルは離れ離れになってしまう。そうならないようにパネルを接続できるシリコン製のコネクターもついてくる。これをつければこの問題はほぼ解決される。コネクターが柔軟性を持っており、数ミリほどパネル同士が左右に離れることがあるが、コネクターがパネルに付属の磁力が効く範囲内程度までしか伸びないので、離れてしまったとしても自動的に磁石でパネル同士が引っ付く。




(Yolkは「卵の黄身」を意味する。デザインもそれを意識したものとなっておりかわいらしい。)


なぜここまでレビューを書くのに時間がかかったのかは自分でもわからないが(Kickstarterリワードとして11月に手に入れた)、このYOLKは非常に大きな満足感を与えてくれた。




(abcxyz)

0 件のコメント: