2016年2月25日木曜日

harman/kardon ESQUIRE Miniレビュー:美しく、薄く、高音質。そしてモバイルバッテリーにもなってしまう。



harman/kardonのヘッドホンはダサイと思うのだが、このポータブルワイヤレススピーカーを見たときには物欲をくすぐられた。

まるで財布か、それともスマホか、といったような形に薄さ。それ自体の美しさ。もちろんただ見た目が豪華なだけではなく、この薄さでしっかりしたワイヤレススピーカーとなっている。しかもそれだけじゃない。ポータブルバッテリーにもなるのだ。





サイズ、薄さ(76×140×24 mm)を考えるとここまでクリアな中高音を聴かせてくれるのは驚き。ただ低音には物足りなさもあり、ドゥンドゥン言わせたい人には向かないだろう。周波数特性は180Hz - 20kHz。

上面には電源ボタン、Bluetoothボタン、電話ボタン、音量上下ボタンがある。側面には片面には5つのLEDでバッテリーが表示され、もう一方の側面にはUSB、microUSB、オーディオポート、ストラップ穴がある。底面には何もない。裏面には中に畳み込めるスタンドも内蔵されている。





2000 mAhのリチウムイオン充電池内蔵で、音楽再生はワイヤレスで8時間。microUSBポートから充電し、充電には約5時間かかるとしている。このほか、フルUSBサイズのポートも備えており、ここからは他のデバイスに給電することが可能。そう、モバイルバッテリーになるのだ。用途が限られるが「ポータブル」な存在であるこのワイヤレススピーカーが、この単純な出力機能のおかげでより多くの機会で活躍できるようになる。これは地味に便利だし、緊急時にも便利だ。

薄さ、美しさ、便利さを兼ね備え、European Imaging and Sound Associationによるヨーロピアン・モバイル・オーディオ・システム部門で「ベストプロダクト2014-2015」賞を受賞というのもうなずける。




Bluetooth (3.0)を利用しワイヤレスで音楽を流すだけでなく、マイクもついており通話も可能。harman/kardonの公式サイトによれば「エコー&ノイズキャンセレーション機能VoiceLogic搭載で高品質なハンズフリー通話」が可能で、電話会議などでの使用にも最適だという。

Bluetoothだけでなく、オーディオミニプラグ入力もついているので、有線での音楽再生も可能だ。ただ、充電用のUSB-microUSBケーブルはついてくるが、オーディオケーブルは付属せず。

色はブラック、ホワイト、ブルー、グレー、レッドのほか、新色として昨年12月にブラウンとゴールド新色も追加されている。裏面は表面と同色のレザーで、また同色レザー製のストラップも付属する。




大きさはNokia Lumia 930と同じくらい、少し厚みはあるが。





私はBose SoundLink Miniも持っている。Boseのほうが大きいがもちろん音は良いし低音も鳴る。だがポータブルでワイヤレスなスピーカーではあるものの、では旅行や、出張に持っていける大きさかと言われれば答えはノー。





(こちらはその後継機であるSoundLink Mini II)

旅行や短期滞在時に音質の悪いテレビのスピーカーに我慢ならない人。スマホのスピーカーも満足できないが、ヘッドフォンやイヤホンではなくスピーカーから音が流れたほうがいいという方にはharman/kardon ESQUIRE Miniをお勧めする。

なお、harman/kardonの平べったい系のデザインが好きでもっといい音がいい人はESQUIRE 2(130×190×34 mm、599 g、75Hz - 20kHz)、より大きなESQUIRE(147×147×46.5 mm、750 g、80Hz - 22KHz)などがいいだろう。


     


(abcxyz)

0 件のコメント: