2015年12月2日水曜日

ふぅん。これがジャクーの戦いですか。PC版『STAR WARS バトルフロント』「ジャクーの戦い」がプレイ可能に




新ゲームモード「Turning Point / ターニング・ポイント」プレイしてみた。まあ見た目こそ予告編の中に出てきたスターデストロイヤーが落下している場所でこそあるが、他は別に他のマップと代り映えのしない戦場。しいて言えば遮蔽物が多く、キャンピングに適した場所もある一方で、遮蔽物に小さな隙間が空いてて狙われたりする場所も。

他のマップと変わらず、上手いプレイヤーは同じく落下しているコレリアン・コルベットの上からスナイプしたり、遠方からスナイプしたりし、下手なプレイヤーが餌食となる仕組み。

それにチームバランスのシステムも相変わらずあるんだかないんだかわからない仕様で、負け組に入ってしまうとラウンドが変わっても反乱軍か帝国軍かが変わるだけで負け戦になることに変わりない。このマップに限らないがプレイヤースコアが最上位のプレイヤーを比較しても普通に相手の倍以上差が開く試合が普通で、接戦になることがまず稀。勝ったチームは「gg」と言い、負けたチームが「bg」と言う虚しい状況。

これを私の負け惜しみと思ってくれても構わないのだが(一応言っておくと多くの試合で負け組プレイヤーのトップ5以内に入っているし、今回プレイした「ジャクーの戦い」では負け組で2位だった)、別にどちらのチームの方がチームワークがあるわけでもない試合で、なおかつラウンドが変わってもマップが変わってもチームの勝敗が変わらないのはバランスシステムに問題があるとしか思えない。

せっかくのジャクーの戦いマップなのに、真新しさもなければ、相変わらず面白くなくて、こんなゲームでは『フォースの覚醒』の公開に期待が膨らむこともない。


(abcxyz)

0 件のコメント: