2015年9月10日木曜日

Narrativeがついに撮影間隔を変更できるように(OS Xユーザーは既に可能に、Windowsユーザーは後回し)

Narrativeからの公式メールによれば、ついに撮影間隔を変える機能が出たようだ。

撮影間隔は標準で30秒に1枚だが、今回の更新により撮影間隔を10秒から2分の間で変更可能になる。この撮影間隔のオプションは、実際には2014年にNarrative Clipが登場した時からすでに話が出ていたので、ある意味「今更か」といった感じだが、Narrative Clip 2の販売を前にちゃんとやり残したことはやっておこうということか。

それ以外にも、設定した撮影間隔とは関係なくダブルタップで撮影する機能をオフにすることも可能になる。ダブルタップは走っているとき(私の場合、首からClipをつるしているので揺れて胸部にバウンスしてしまう)とか意図せずにダブルタップと認識されてしまうので、そういう使い方をするときにはオフにできるというわけ。

この設定は現時点ではOS Xユーザー向けにしか提供されていない。変更するには、Narrative Uploaderの最新版を使用し、Narrative Clipのファームウェアもアップデートすることが必要。その後Clipを接続し、Narrative Uploaderの設定を開く。「Clip settings」で撮影間隔とダブルタップの設定を変更可能。

Windowsユーザー向けには新たなアップローダーが「Coming soon」だそうだ。


(abcxyz)

0 件のコメント: