2015年7月31日金曜日

続報:Windows 10版OneDriveが駄々をこねてアップロードしなくなった問題 *追記あり

OneDriveがそのクラウド上に存在しないファイルを「そのファイルがもうそこに存在するのでアップしません」と言ってアップロードしてくれない問題。ありがたいことに日本のマイクロソフトサポートのTwitterアカウント @MSHelpsJP から素早いお返事をいただけた。





しかし残念なことにこの「アカウントの関連付けを解除」(=ローカルアカウントへの切り替えをした後に元に戻す)は実は米MSコミュニティーの「OneDrive on Windows 10 not syncing properly 」を参考にもうすでに行っており、これによって解決はしていない。

また、一度OneDriveのファイル(Windows 8.1から引き継いだ時に、未アップロードのもののみOneDriveフォルダに残った)を全てOneDriveフォルダ外に移動した状態だと、OneDriveアプリは「最新の状態」と表示するが、再度一部ファイルをOneDriveフォルダに移動すると同様エラーが出る。


*追記:すでに存在してエラーが発生しているフォルダ以下に新たなファイルを入れても、上位フォルダのエラーのせいでファイルがアップロードされないようだ。


(abcxyz)

0 件のコメント: