2015年7月31日金曜日

Windows 10へのアップデートはOneDriveヘビーユーザーにはお勧めしない。

Windows 8.1からこまごまとしたところで効率化が図られたように思えるWindows 10。

Windows 8.1では右側から出せるほとんど役立たずな「チャーム」機能が存在したが、Windows 10では、まるでスマホの通知バーを下ろしたら出てくるような感じの設定アイコンがずらりと並び、ましになった。ウインドウの枠が(たぶん髪の毛数本分くらいだが)薄くなって、画面をより効率的に使えるようになった。

だが私にとってはそれ以外には、いまだCortanaちゃんも使えないし、特にWindows 10にしたからといってそこまで利点がなかったかもしれない。

逆に、OneDriveをよく使うものとしてはこれは、新OSが出て早々にするべきアップデートではなかったかもしれない。

私の環境(Surface 3)で起きた問題を記す:

この部分はユーザーの落ち度といえるかもしれないが、Windows 10アップデートをする際に私はOneDriveで写真をアップロード中だった。一応アップデート前にOneDriveアプリは終了させた。





Windows 10がインストールされて、OneDriveが起動されると500以上のファイルがエラーとなっている。表示を見ると、「この名前のファイルまたはフォルダーが、同じ場所にあります。」と書かれている。解決方法は「両方のバージョンを残すには、このPCまたはOneDrive.comでこのアイテムの名前を変更してください。両方のアイテムが同一の場合は、このPCにあるバージョンを削除するとOneDrive.comにあるバージョンをダウンロードできます。」だそうだ。





試しにブラウザからOneDriveを覗いて、このエラーとなったファイルを検索してみたがどうもOneDrive上にそのファイルは存在しないようだ。

一度設定から「OneDriveのリンク解除」を行ったが何も変わらず。今度は別の場所にOneDriveフォルダを作って試してみようかと考えている。

アップロードされていないファイルをされているものと勘違いしてエラーを出すという根本的にダメなこの問題以外にも、Windows 10版のOneDriveには問題がある。

Windows 8.1版のOneDriveでは、クラウド上に置いていてローカルにダウンロードしていないファイルであってもファイルの「殻」が見えた(*「スマートファイル」というのか)。たとえば、画像ファイルならそのファイルそのものはローカルになくとも、そのサムネイルを見ることができた。しかしWindows 10版ではどうやらそれができないようなのだ。

なのでOneDriveのハードコアユーザー(そんなのいるかどうか知らないが)にはWindows 10アップデートは今のところお勧めしない。お



(abcxyz)

0 件のコメント: