2015年7月13日月曜日

****のようなe-taxに悪戦苦闘する自分のための覚書part2 (罵倒表現正誤表付き)

**のような(適当な罵倒する言葉を入れられよ*)e-taxには毎度あきれるほど何時間も何度も無駄にすることになっている。今回は***のような前回のICカードリーダーの前準備に引き続き、実際にそれを使って「住民基本台帳カード」使用するまでの、長く****のような道のりだ。

問題:「このウェブサイトのアドオンは実行できませんでした」というエラーでICカード認識までいけない。

解決法:IEのアイコンを右クリックして「管理者として実行」
・IEは私の環境(ASUS t100ta、Windows 8.1)の場合「C>Program Files>Internet Explorer>iexplore.exe」にあった。IEのバージョンは11.0.9600....

問題:「ICカードを認識できませんでした」というエラーが表示されて先に進めず。

解決法:JPKI利用者ソフトで「動作確認」>「自分の証明書」したらできた。
・「動作確認」を済ませずに「自分の証明書」を押したら認識されなかったので、先に「動作確認」をしないといけないかも。


***のようなe-taxサイトのトップページは、今年に入って見かけこそわかりやすくなった風(実際にはボタンが大きくなっただけでごちゃごちゃのままな気もするが)ではあるが、実際に触る部分はやはり利用者が使用環境により無駄に****のように右往左往する、使い勝手の悪いものであることは変わらない。ヘルプデスクも用意されているそうだが、そもそも利用者にとってわかりやすいシステムであれば長時間開いていなくてもいいはずだ。ちゃんとしたデザイナー(デザイナーとは「パッと見」を適当に作る職業ではないという事も理解してほしい)を雇って一から作り直す程度のことはしてほしい。

知人のフィンランド人もe-taxは分かりにくいとコメントしている。


*想像力の欠如した皆様へ:
**には「やま」を、***は「うどん」、****には「いのしし」を入れて読むと読みやすいかもしれない。このような罵倒表現を乱用してしまったことをここに詫びる。申し訳ない。


(abcxyz)

0 件のコメント: