2015年7月2日木曜日

ドイツ・フォルクスワーゲン工場でロボットが殺人を犯す?

今週月曜にドイツのバウナタール市のフォルクスワーゲン工場で、22歳のロボット設置業者の男性がロボットに殺された、とThe Guardianが報じています。

なんでもこの男性がロボット設置作業員チームと一緒にロボットを設置していたら、ロボットが急に男性を掴んで、鉄板に押し付けてつぶしたそうです。なおこのロボットは自動車の部品をつかんで作業するためのものだとのこと。

フォルクスワーゲンのスポークスマンの説明によれば、この事故/事件の最初の調査では、原因はロボットの問題ではなく、人的エラーだとの結論に達したそうですが、この件に関してはいまだ調査中です。

検察官は訴えるかどうかを考えているそうが、訴えられるのは「人的エラー」を犯した人間なのか、それともロボットが訴えられるのか、それはまだ明らかではありません。


source: The Guardian

(Petra & abcxyz)

0 件のコメント: