2015年6月12日金曜日

Cドライブの容量が急激になくなる>原因はBOXだった。

最近メインのパソコンを使っていて、急にCドライブの容量が無くなるという症状が出ていた。10GBほどあった空き容量が4GBに、1GBに、ついに900MB、240MB…と減っていった。実は以前も似たようなことが起きたことがあり、その時は普通にパソコンを使う過程で再起動を繰り返していったら自然と直った。どうやら場合によってはWindows Updateなどでアップデート用のファイルが溜まる場合もあるらしく、そういう場合なら再起動で直るとも聞いたのだが、今回は違った。

再起動をすることで多少容量の変化が見られ、240MBだったのが再起動すると900MBに戻ったりもした。だが、なにも自分ではダウンロードしたつもりはないし、一向に改善される気配がない。

使わないソフトをアンインストールしたり、いらないファイルを消したり、ディスククリーンアップもしたし、仮想メモリとか、システムの復元用に容量が取られているんじゃないかとおもったりもしたが、どれも違った。

結局TreeSize Freeを使って、どこが容量を圧迫しているのか見て見ることにした。このソフトは、ツリー形式でどのフォルダにどれくらいの容量が使われているのかがわかる。

そしてわかったのがこれだ。実際にはスクリーンショットを撮る前にいくらかファイルを消してしまったのだが、問題はこれ、クラウドストレージアプリの「BOX Sync」のログが問題だった。





2GB、4GBなどの巨大なファイルサイズのログファイルがゴロゴロ存在していたのだ。





コイツが犯人です。

Boxのサポートページにも同様の症状が報告されており「DRM保護されたWMA音楽ファイルが問題」じゃないかといったユーザーコメントや「12GBしかBOXで使ってないのにログが31GBもある」といったマックユーザーのコメントがあった。なおこのサポートページの質問投稿は2013年になされたものだが、いまだ公式サポートの返事はついていない。

ほかのストレージサービスに移行しようかな。





マイクロソフトの(何故かWindows Phone版より不便だし、そもそも日本近隣諸国を見下すような質の低いニュースばかり集めてくる)Bing Newsの画像キャッシュに800MBも食われてるのも謎だけど。



原因はなんであれ、Cドライブの容量が急になくなる症状に悩まされている人は、TreeSize Freeのようなツリー形式でフォルダごとのファイルサイズを見れるソフトを使用すれば、原因となっているフォルダ/ファイルの特定が楽なのでぜひお試しあれ。


(abcxyz)

0 件のコメント: