2015年3月4日水曜日

スマートウォッチPebbleに新たに「スマートストラップ」、時計バンドに機能やセンサを付加。あとSteel版もやっぱ出た。

Pebbleに「Smartstraps」が発表された。これは、時計バンド/ストラップ部分に機能を付加するもの。

例えばバッテリー、NFCチップ、カーリモコン、汚染度センサー、など、新機能をPebble Timeにぶっこもうという考えもあったのかもしれないが、そうする代わりに時計部分はシンプルにして、付け替えが容易なストラップ部分にこういった機能を付加できるようにしたようだ。

スマートストラップでは、Pebble Time裏面のコネクタ部に接続される(腕につけた時に自然にコネクタ部分が接触するような形のよう)ものの図が出ている。開発者向けブログでは接続部分の図が出ている他、自分でなにか作りたい人向けに3Dデータもダストのこと。サードパーティ製のものが作られることを期待しているようだ。ストラップの付け替えは5~10秒で済むとのこと。

新たに発表されたPebble Timeのスティール版、Pebble Time Steelも発表された。こちらは微妙に違いがあるは、目立った違いとしてはバッテリーの持ちがSteelじゃない方(7日間)より長く10日間だということ。「Steel版が出てたらPebble TimeじゃなくてSteelにしたのに」というPebble Timeにすでに投資してしまった人にはPebble Time Steelの方に今の順番(アーリーバードとかそういう順番)のまま移行できる救済処置もとられる。



(abcxyz)

0 件のコメント: