2015年3月25日水曜日

Pebble Time、新たなウリのスマートストラップとの接続部分は耐水性がないことが判明

Kickstarterで行われているPebble Timeプロジェクト、資金調達の最終週となり、プロジェクトアップデートのメールが来た。Kickstarterプロジェクトページでも確認できるそれによれば、今のところ161の国々から資金提供があるという。メールでは、キャンペーン後の予定、輸送オプションや関税などに関する説明、Q&Aが記されていた。

キャンペーン後には(もしPebble Timeそのものをプロジェクト報酬として選択している場合には):
・色の選択
・配送先入力
・配送スピード選択
を行なうことになる。

アメリカとヨーロッパ以外への発想の場合:
・スタンダード 追加料金はかからず4~6週間 関税などは届くときに支払う
・Expedited 追加コストがかかるが3~5日  追加コスト支払い時に関税計算も行い、事前に税金支払い

キャンペーンQ&A:
Q:どんな時計バンドでもPebble Timeで使えますか?
A:標準的な22mmの時計バンドならPebble TimeにもPebble Time Steelでもつかえます。
これは初代Pebbleと同じ。また、現在Pebble TimeとPebble Time Steelに新たなバンドを作っているとの記述もある。これは先日発表されたスマートストラップのことだろうか。

Q:スマートストラップは耐水性ですか?
A:いいえスマートストラップと時計間の接続に関しては耐水性がありません

Pebble Time本体が耐水性であっても、新たなウリとなりうる機能付加ストラップ「スマートストラップ」との接続に耐水性が無いというのはなんとも残念なことだ。


(abcxyz)

0 件のコメント: