2014年9月28日日曜日

Pressyアプリは何度もアップデートされてるのにFairphoneではまだ使えないのでもう一度サポートに連絡したら、残念なお知らせが…

PressyのAndroidアプリは何度もアップデートされているにもかかわらず、未だにFairphoneではPressyが使用できない。

8月にPressyサポートに連絡したら

開発チームはFairphoneで問題が起きていることを認識しており、近々それを解決するアップデートをリリースできるよう願っている。

と返信があったことは以前書いた通り。その後もアプリはアップデートされているのにFairphoneでは使えないので、しびれを切らしもう一度サポートに連絡してみた。公式サイトのフォームから連絡したのだが、以前質問した時と同じサポートの人から返信があった。それによると:

We are aware of issues with this phone and at this time Pressy unfortunately will not be compatible to use with it.
We apologize for this inconvenience.
If this renders Pressy useless to you and you would like to have a refund on your purchase, we will provide it of course.

要約すると「残念ながらFairphoneとはコンパチブルではなく、使うことができない。申し訳ない。もしあれだったら返金する。」とのこと。何らかの原因で未対応なのか、どうだろう。それともこういう安いパチもんを買ってみようか(中身としては変わらないだろうけど)。メインのスマホで使うためにKickstarterで20ドル+送料5ドル支払いで支援した(まあ、アイデアを形にしようとする人を支援するためのクラウドファンディングとして見ると、こういうように形を手に入れることだけ考えるのは変なことかもしれないが)にも関わらず使えなくなって残念だが、まあNexus 7 (2013)では使えるので(とは言ってもあんま使わないが)、やりとりも面倒だし、返金はしまいか。





だが、似たようなものがこういう金額で手に入るならば、返金するのも悪くないかも…まあめんどくさいからしないが。


(abcxyz)

2014年9月27日土曜日

Narrative Uploaderがまたアップデート、v1.2.4に



数日前に出たv1.2.3に早速バグフィックスがでたようだ。

(abcxyz)

2014年9月26日金曜日

MDR-ZX750BN-Bにケーブルを挿したらBluetoothがオフになると説明書に書いてなかったので気になってソニーサポートにメールしてみた

先月購入したMDR-ZX750BN-B。ノイズキャンセリング機能は、飛行機内で使うことを主な目的として購入した。だが、MDR-ZX750BN-Bではノイズキャンセリング機能を使うためには本体の電源をオンにしなければならない。そして本体の電源をオンにすることは、説明書の説明から理解できる範囲では、それはBluetooth機能もまたオンにすることのように思われる。

だが機内で通信電波を発するものの使用は制限されている(それも変わりつつあるようなニュースも見たので航空会社や便によるかも知れないが)。ということはもしかしてMDR-ZX750BN-Bのノイズキャンセリング機能を機内で使用することはできないのか!?

と旅に出る直前に気付いたのでソニーのサポートにメールしてみた。最初のメールではこちらの質問の仕方が悪かったのか、こちらの言わんとすることを理解してくれなかったのか、こんな回答:

「MDR-ZX750BN」につきましては、付属の接続コードをつないだ状態でノイズキャンセリング機能を利用することが可能です。
■「MDR-ZX750BN」ヘルプガイド 付属のコードをつないで使う
http://helpguide.sony.net/mdr/zx750bn/v1/j/contents/04/01/03/03.html

確かにヘルプガイドにはコードを繋ぐことで「BLUETOOTH機能は使えなくなります」とは記載されている。だがBluetooth機能がオフになるとは書いてないのだ。「使えない=オフ」ではない。なので再度ソニーカスタマーサポートにメール。

そのために、航空機内でノイズキャンセリング機能を有効にし、なおかつ「Bluetooth機能をオフ=電波を発生しない状態」にすることができるのかが知りたいのですが、そこのところはどうなっているのでしょうか?

などとメールしたところ、以下の回答が得られた:

「MDR-ZX750BN」は、有線接続時 Bluetooth 機能がご利用いただけなくなり 本体から、Bluetooth の電波が発されない状態になります。

ということだった。つまり、一旦飛行機が飛び立ち「これ以降電波を発していない電子機器はお使いいただけます」などのアナウンスが流れた後は、ケーブルをつなげば電源を入れてノイズキャンセリング機能を着陸時まで使用可能というわけだ。

早速12時間ほどのフライトで使用し、ずっと頭につけっぱなしで映画を見まくろうと思ったのだが、思いの外乱気流に巻き込まれることの多いフライトで、隣の人と「まるでジェットコースターみたい!」とか話をすることも多く、長時間使用でのヘッドホンの付け心地まではわからなかった。だが、機内で2時間程度の映画を見るぶんにはつけ心地は良く、その良さは以前の投稿「なんでNCとBluetooth入りのヘッドフォン少ないんだろ。MDR-ZX750BN-B購入。MDR-NC200Dと比較してみた。」で述べたとおり、MDR~と比較すると雲泥の差だった。ただ、やっぱり携帯性を考えるとMDR~に分がある。







(abcxyz)

2014年9月25日木曜日

Narrative Uploaderがv1.2.3にアップデート

今回のアップデートでは、他の人にNarrative Clipを貸すためのアップデート。

たぶん…他の人にNarrativeを貸し、その人が自分のパソコンからその人のNarrativeアカウントでサインインしているNarrative Uploaderに写真をアップした後に返してもらった時に、自分のパソコンにNarrative Clipを繋ぎ直せばなんら特別な設定をせずとも自分のアカウントに写真がアップされるようになる…とかだと思う。

一応リリースノートの記述はこう:

NEW You can now lend your Clip to a friend or family member.

- Let your friend set up a Narrative account with your Clip. When you get it back just connect it to your computer to reactivate it to your account.

あと、バグフィックスもなされている。

(abcxyz)

2014年9月4日木曜日

Narrative Uploaderがアップデート、v.1.1.6に。

パソコンをつけたらポップアップで「Software Update」というウインドウが表示された。よく見るとNarrative Uploaderのアップデート通知だった。それによるとNarrative Uploader v1.1.6は(これまで自分が使っていたものは1.1.1.0)

・Momentを作る(Momentification)作業と写真の分析/analysis(Step 3のところ)が高速になった。これにより写真がクラウドサービスにアップロードされてから数分でNarrative AppにMomentが表示されるように。

・バグフィックス

とのこと。これまで写真をクラウドサービスにアップロード後も、Momentがスマホ/タブレットのNarrative Appで見れるようになるまでにはしばらく時間がかかっていたので、これは待たれていた改善と言えよう。

(abcxyz)