2014年11月6日木曜日

空港の愛称が「鳥取砂丘コナン空港」に?鳥取市民として反対する4つの理由と、もっと素敵な6つの代案

鳥取空港サポートクラブ会員向けにアンケートが来た。アンケートでは鳥取空港の愛称を「鳥取砂丘コナン空港」とすることに対し賛成か反対かを問うているのだが…

『鳥取空港サポートクラブ会員の皆さまへ
近年、全国各地の空港では、空港を身近で親しみのあるものとし、知名度アップを図るなどの目的で、空港に愛称が付けられています。
鳥取空港の利用を促進する懇話会においても、鳥取県を代表する観光地「鳥取砂丘」と北栄町出身の漫画家・青山剛昌氏の人気作品「名探偵コナン」が持つ全国的な知名度を生かして、鳥取空港を全国に発信するため、愛称を「鳥取砂丘コナン空港」とすることを目指し、県民の皆様や観光客への周知・啓発活動を行っています。
また、併せて鳥取空港の愛称化に対する御意見を募集していますので、ぜひ皆様の貴重な御意見をお寄せください。』

鳥取空港サポートクラブ(鳥取県交通政策課)からのメールより

とのこと。アンケートでは賛成か反対か尋ねられてはいるものの、どうやらもうその愛称を「鳥取砂丘コナン空港」とする方向でコトが運んでいるようだ。

「鳥取砂丘コナン空港」。語呂はいいものの、私は反対だ。その反対理由を4つ挙げよう。





1.空港のある鳥取市とコナンは関わりが低い:

作者の出身は鳥取県内だが、話の舞台も東京であるし、『ゲゲゲの鬼太郎』と違い、日本人の多くが知っているわけでもない。そして空港があるのは東伯郡ではなく鳥取市である。





鬼太郎空港の方は、エッセイ、映画(上の予告編)、NHKの『ゲゲゲの女房』などのおかげもあり、その空港周辺の地域と「鬼太郎」の関連性が日本中に明確に伝わっている。





2.「コナン」という名称:

コナンという名称はまた、(アーサー・)コナン・ドイルから取られたものであり、それは鬼太郎とは違いユニークな名前でも鳥取を代表する名前でも、「湖南」ならまだしも外来語だ。また、「コナン」と記されているだけではだけでは『コナン・ザ・バーバリアン』とも「コナン・オブライエン」とも、「湖南」ともわからない。





世界的にはアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化された(そして新作『The Legend of Conan』も公開される)や「コナン・オブライエン」のコナンの方が有名である。





3.鳥取市でコナンをアピールしてどうするのか:

鳥取空港の名称を変えて青山剛昌ふるさと館に人を呼ぶつもりなのかもしれないが、その「名探偵コナンの里」は鳥取空港と米子"鬼太郎"空港のほぼ中間地点に存在するし、聞くところによると鬼太郎空港から行ったほうが早いそうだ。まして、水木しげる記念館とは違い、「行って幻滅した」と言うコメントの絶えない青山剛昌ふるさと館のアピールをしても意味が無いのではないか。水木しげる記念館のウェブサイト青山剛昌ふるさと館のウェブサイトを比較するだけでもクオリティの違いが伝わってくる。

それよりももっと空港のある鳥取市の近場で、鳥取にちなんだ何かをアピールする名前にすべきだ。砂場とか砂丘とか砂像とか砂たまごとか砂コーヒーとか。あ、砂丘という名前はもう「鳥取砂丘コナン空港」の中に入ってるのか。





じゃあ「鳥取砂丘糸電話空港」とかにすればいいじゃないか。





4.毎回人殺しが起きるマンガ/アニメ作品名を空港の愛称に:

『ゲゲゲの鬼太郎』でもそうであろうが、マンガ/アニメ作品はその物語性などから、「砂丘」とか「梨」などの地形的特徴や特産物などとは違い誰にでも受け入れられるものではない。内容や描写スタイルによってもその作品に対し好き嫌いも大きいだろうし、キャラクターを用いることで不真面目に捉えられる可能性も考慮しないといけない。また、『名探偵コナン』は子供向けの作品であるにもかかわらず、毎回殺人が起きるような作品だということも忘れてはならない。鳥取県内にはオドロオドロしくグロテスクな内容も含まれる『ゲゲゲの鬼太郎』を愛称に持つ空港と、毎回凝った方法で人が人を殺す『名探偵コナン』を愛称に持つ空港があると日本全国に知らしめることで鳥取のイメージがどう変わるかも考えてもらいたい。





そして、オブライエン以外の上に記した「コナン」達は毎回人が死ぬような作品で有名である。

私の一番好きな「コナン」はアーサー・コナン・ドイルだけど。








というわけで私は「鳥取砂丘コナン空港」という適当な名前には反対。だが、ただ批判するだけでは面白く無いので、代案も考えてみた。


・鳥取大砂漠空港

鳥取空港には砂像が置いてあることもあるし、「鳥取大砂漠空港」の方が響きも良いし「鳥取は砂で埋もれた街」という間違った(しかしエキゾチックな)イメージを増幅するだろう。


・鳥取砂地獄

「鳥取の女性は砂丘の蟻地獄で男性を待ち構えている」なんて宣伝したら、鳥取に移住してくる独身男性が増えるかもしれない。






・鳥取暴れん坊空港

白い馬に乗り、颯爽と砂地を駆け抜ける若様。八代将軍、徳川吉宗様のお力を借りれば鳥取にも怖いものなしだ。





・鳥取城かつ江さん空港

知名度や奇抜度を求めるなら「鳥取城かつ江さん空港」とすれば良い。


・鳥取ジロー空港
鳥取市に生まれ、フランスで芸術文化勲章シュヴァリエを受賞している谷口ジローの名を冠した空港名とかならインターナショナルに受けるに違いない。




・鳥取モス・アイズリー宇宙港
どうせならもっと世界的に有名な『スター・ウォーズ』から、砂の惑星タトゥイーンの名を冠した空港にして、砂丘には妖怪だか宇宙人だかわからないようなエイリアン(異邦人)達が集う宇宙港のカンティーナみたいなのを作って、先住民サンドピープル(鳥取人)と仲良く集えるためにしたらいいよ。










反対理由も含め冗談を込めて書いたが、「鳥取砂丘コナン空港」という名称には大反対だ。もっと考え、市民県民から広く愛称を募集すべきだと思う。

0 件のコメント: