2014年8月16日土曜日

Nexus 7 (2013)のタッチパネル認識がおかしいから分解したら直ったかもしれない。

私は旅に出る直前に急にものを分解したくなる衝動に駆られることがよくある。

昨年は旅の直前にASUS Eee PC 1025Cを分解したり、一昨年旅に出る前にはマウスLogicool MX518を分解している。



今回は、Nexus 7 (2013)。何度かこれを落下させてしまったためもあってか、しばらく前から、タッチパネルを押しているのにそれが認識されていなかったり、違うところがタッチされていたりして、タイピングを含め操作がしづらくなっていた。その度に、一度電源をオフにして本体に文字通りひねりを加えてからオンにすると直った。多分タッチパネルそのものの問題ではなく、プラスチックのバックパネル部分が歪んで来てしまったためか、落下時に欠けたフレーム部のせいだろうと考えていたが、最近はそのタッチ認識の不具合の度合いが頻繁になってきていたこともあり、分解することにした。

Fairphoneに初期インストールされているiFixitアプリで分解方法を調べたのだが、分解は超簡単。
iFixit:Nexus 7 2nd Generation Teardown

タッチスクリーン部分とバックカバーの隙間を開いていくだけだ。

タッチパネルを縁取るフレームはタッチパネル側にひっついているので、フレームとバックパネルを分離する。欠けたフレームの角部分から爪やカードを滑りこませて簡単に開けることができた。



バックパネルとタッチスクリーン部分(というか本体のほぼすべてがそっち側にひっついている)は別にケーブルでつながっているわけでもなく、ガバっと開けてしまって大丈夫だった。バックカバー側には、非接点充電用のモジュールとNFC用のモジュールが付いているようだが、タッチパネル側とはケーブルではなく、直接タッチパネルとバックカバーの接点が接触するようにできている。



開けた状態でも無論機能する。そして、このバックパネルを外した状態ではタッチ認識の問題は発生しなかった。



結局ただ開けて閉めただけだが、今のところはタッチ認識問題は発生していない。また問題が起きてもすぐにちゃちゃっと分解すればしばらくは直ることだろう。
*追記:結局これでは直らなかったが…分解して紙一枚挟んだだけで直った!「Nexus 7 (2013)ディスプレイのタッチ反応問題・解決編。ついに直ったよ、紙きれ一枚で。」

これまでにも様々なデバイスで、何か問題があったら一度分解してから元に戻したら(結局原因がわからないままでも)直ったことがあるし、これからもなにか問題が発生したらとりあえず分解していこうと思う。その時期が旅の直前である必要は無いんだけど。


(abcxyz)

0 件のコメント: