2014年6月14日土曜日

ゆうちょダイレクトの「トークン(ワンタイムパスワード生成機)」≒Blizzard Authenticator?

郵便局から『「トークン(ワンタイムパスワード生成機)」ご利用のお願い』はがきが来た。

ゆうちょダイレクトから申しこめば、全員にこの「トークン(ワンタイムパスワード生成機)」を無料で配るんだとか。





この葉書に付いている画像を見て「オンライン上のパスワード生成プログラムかなぁ」と思ったが、どうやら「送付」とか「再発行時は別途手数料(1,080円)」と書いてあるのを見る限りは、実際にこういった形の物体を送ってくれるのだろう。

『StarCraft』や『Diablo』などで知られるBlizzardというゲーム会社が「Authenticator」というパスワード生成プログラムを何年も前に出していたが、そちらは「スマホ用アプリ」と「キーホルダーになっている物」両方出していた

私はBlizzardのAuthenticatorはアプリ版しか使ったことがないが、「1秒しか使えないパスワードを60秒毎に発行!」というところからして、ほぼ同じようなものと考えていいだろうか。ただBlizzardのそれにはボタンがひとつしかついていないのに対し、ゆうちょのこれには電源の他にも数字キー、バックスペース、エンター、などのボタンが有る。

しばらく前から、ゆうちょダイレクトでは、パソコンからログインする際に、他の会社の発行するソフトをパソコンにインストールしろとうるさく言っていたので、嫌気が差していた(モバイル版ページではそんなことなかった気がする)。別にこのトークンがあったからって結局一手間かかるし、メールでのワンタイムパスワードとかと違い、そのモノ自体を持ち運ばないといけなさそうで(無くてもログインできるのかどうかは知らんが)めんどくさそうではあるが、まあ無料というのだから申し込んでおこうか。

発送は「6月23日以降、順次」とのことだ。



ゆうちょ銀行の『「トークン(ワンタイムパスワード生成機)」について』のページから申し込みができる。お知らせハガキが来てない人は、6月23日から申し込み開始だそうだ。はがきは「2014年4月10日時点で、ゆうちょダイレクト(インターネットサービス)に登録済の方で、2011年4月9日以降に、1回以上ログインされている方に」送られているそうなので、はがきが着ていない人は6月23日から申し込もう。

『「トークン(ワンタイムパスワード生成機)」について』のページには、トークンの使い方も記されているのだが、電源ボタン以外のボタンの存在意義を無にする説明:
・(エンターボタン「ワンタイムパスワード表示時に押すと電源が切れます。」
・バックスペース「ワンタイムパスワード表示時に押すと電源が切れます。」
以外に数字キーの役割も書かれておらず、今ひとつわけがわからない。

申込み後、申込時に登録したメールアドレスに申込確認用リンクが届くので、それをクリックしたら登録が完了する。

0 件のコメント: