2014年5月21日水曜日

Amex解約/別Amexカード申し込みに関するメモ書き。

解約時はカード裏に書いてあるメンバーシップ・サービス・センターの番号に電話。

登録済みの携帯から掛ける場合、自動でその確認が行われ、電話用暗証番号を設定していれば、それの番号を携帯から入力することになる。するとそれが確認されて、自動音声で請求金額が告げられる。もうちょっと辛抱強く待っていれば、別サービスの案内が流れるのでここは暫く我慢。

解約サービスを選択すると、「サービス向上のため録音されてるからね」といった音声が流れた後、人のオペレーターが出てくる。ここで解約したいとか、別カードにしたいとか言いだそう。

複数のAmexカードを持つことはできないので「電話で手持ちカード解約>次の申し込み」という流れになるが、申し込みはネットから行うのが一番便利で審査なども早いそうだ。

解約は電話で可能なのだが、解約してからその処理が終わるまでに時間が掛かるため、当日ネットで申し込みしたら却下されたり何か書類を記入しないといけないことになるかもしれないので、「1日か2日待って」との事だった。


先に使っていたAmexカードにポイントが残っている場合でも、新たな別のAmexカードに「移行」することはできない。(Amexよくあるご質問参照)これはカードを「移行」するのではなく「解約>新規発行」となるため。私は1800ポイントぐらい余っていて、ポイント交換だかなんだかには3000ポイントからじゃないと出来なかったはず(うろ覚え)なのでポイントは捨てる気でいたのだが、電話口でオペレーターさんに「どうしましょうね~」とぼそっと言ったところ、「ファミマの500円クーポンにすることができますが」と言われ、そうすることにした。

そうすると、電話口で10桁のアルファベットと数字の混じったコードを伝えられるので、これをメモしてファミマに置いてあるATMみたいな機械に(確か)60日以内に入力すると、500円のクーポンが手に入るそうだ。


これま2年近く緑のカード「アメリカン・エキスプレス・カード」を使っていたのだが、商品券とかにポイント変えたりとか、劇のチケットなんていった得点は使わない。よく旅をするので、対象の航空会社で旅券を買うとポイント3倍で年会費も1000円安い「スカイ・トラベラー・カード」にした。どちらのカードも海外旅行時には手荷物無料宅配サービスが付いている。 間違い。「アメリカン・エキスプレス・カード」は海外旅行時に行きも帰りも自宅から飛行場までの手荷物無料宅配サービスが付いているが、「スカイ・トラベラー・カード」は海外旅行をする際、空港から自宅へと帰るときにしか無料手荷物宅配サービスがついていない。だが、アメックスに電話することで行きも有料で手荷物宅配サービスを頼むことはできる。鳥取から成田へは2390円。

Amexは解約時に引き止める、ということでも知られているようだが、私はあまりいい顧客じゃないからか、それとも「解約>新規発行」すると宣言しているからか、特に引き止められたりとか交換条件とかもだされなかった。(強いて言えば「年会費払ったのが昨年8月だから、急ぎでないならもう数ヶ月待ったら」という親切なリマインダーがあったが。)

あと、一応オペレーターは親切で丁寧な感じで好感が持てたということも記しておこう。

0 件のコメント: