2013年9月26日木曜日

ソーシャルメディアでなんでもかんでも「原発事故>放射能>XXの原因!」という方向にミスリードしてしまう人が多すぎて困る。

Facebookで知り合い達にシェアされていた「ママレボ」さまの『「ママレボ編集長通信No6」 ~三田医院の三田茂院長に聞く~ 子どもの血液検査結果から見えてきたこと 関東全域の子どもたちに血液検査を!』という記事を読んだ。

この記事自体は非常に良い記事だと思うが、私の知り合い達によるシェアのされ方がどうしても「原発事故>放射能>XXの原因!」と決めてかかっている風なものが多かったため、残念に感じた。原発事故による放射能の問題は、今の日本/東日本で起きている「都合の悪いこと」の原因である「可能性」はあるが、そればかりに目が行き過ぎているのではないか、と思ったのだ。

以下は私が上記記事をFacebookでシェアした際に記したものに手を加えたものである。


原発問題ばかりに目が向いてるけど、「オリンピック誘致によるストレスが原因」だったりしてね。「原発問題に気を揉む大人から受けるストレス」とかの可能性もあるだろうし、もしかしたらダブステップ曲馬鹿げたティーン・ポップを聞くと好中球が減るのかもしれない。

冗談はさておき(冗談で適当に挙げた原因例も可能性としては否定出来ないことは述べておくが)、この記事からわかることは「首都圏の子供にも好中球の現象が見られる」のではなく、「少なくとも首都圏の子供のうちこの医者の元を訪れる子供には」この現象が見られるのである。

そして忘れてはならないのは、それが原発事故に起因した放射能の問題と関連している可能性はあるが、それが原因とは限らない。もしかしたら現在の日本の子供、もしくは世界の子供たちの好中球の値が下がっている可能性は十二分にある。「原発事故前とは変わってきている」のか、それとも別の要因で変わってきているのかはわからない。「原発事故によるショック」や「日本政府への失望」、もしかしたら現在我々が気づいていない「水質汚染」(例えば、「今東日本は放射能問題に忙しいから、使用済み核燃料を水源近くに処分したって誰も気づかないだろう」なんてことが起きている可能性もあるわけだし)、「食生活の変化」のせいでこれまでとは違い「高齢者のぜんそくが、とにかく治りづらく」なってきているのかもしれない。

また、「甲状腺エコー検査の傾向については」、「当院で検査する限り、子どもたちの中に深刻な状態の子どもはいませんでした」とも述べられている。「Q チェルノブイリ原発事故の後も、地元の医者は患者の異変を察知していたようですね」の回答内には「好中球」に関して一切述べられていない。

あくまでも「原発事故」に関連した「放射能」は、「首都圏」の子供たちの好中球量現象の「ひとつの可能性」であり、それを「理由」としてなんでも結びつけては駄目だ。記事中で結び付けられてはいなくとも、意図的に結び目のできるようにミスリードする記事やシェアの仕方には注意しよう。

2013年9月24日火曜日

フィンランドから来た季節性情緒障害を改善する耳の中で光るイヤホンみたいのValkee、後続機発表。そもそも売れてたんだ。

TechCrunch Japanの記事「発光する耳栓Valkeeが3年で45000売れる, 新たな資金でバージョン2を開発」を読んだのだが、まさかちゃんと売れているとは思いもよらなかった。

これはフィンランドの会社の商品で、イヤホン状に耳の中に突っ込んだ耳栓先端のLEDが光り、耳の中にある光を感知する部位に光を当て、脳を活性化するものだ。フィンランドは夏は白夜で有名だが、冬はその逆に日照時間が少なくなり、季節性の鬱も問題となっているようだ(鳥取ですら季節性の鬱の話を聞くくらいだから、より日照時間が少ないフィンランドでは大変だろう)。夏のフィンランド人は明るいが、冬になると性格も暗くなるとまで言われている。

こちらでは、目覚まし時計に強烈なLEDがついたものなどが普通に売られている。これは、設定した起床時間の30分ほど前から徐々にLEDが明るさを増していき、目覚まし音が鳴る時点ではかなり眩しい光を出している。PHILIPSなどが販売しており、価格も5000円程度から販売されている。フィンランドで見つけたそのLED付き目覚ましを、数年前に(鳥取に住む)母親のために買おうとしたことがあるのだが、日本ではその存在すらあまり知られていないのか、1万円近くするもの数品しか見つけることができなかった。



つまるところ、こーいうの。

そんな中、フィンエアーの機内販売誌にずっと掲載されているこの耳の中で光るやつ。他に類似品も見ないし、キワモノ変ガジェットの一つとしてみていなかった。フィンランドの友達からは「耳の奥のところに光を感知する部位があって、そこに光を当てると、体が太陽の光を浴びていると感じるそうなの。日照時間は脳が出すセロトニン(気分/情緒のコントロールなどにも関連している、詳しくはWikipedia参照のこと)の量とも関係しているから、耳を髪で覆うのも考えものね。」なんて話を聞いてはいたのだが、まさか本当に売れているとは。



Amazon.co.jpでも初代が販売されているようが、来月発売だというValkee 2が買えるようになるの(と長い冬が明けるの)を待つのもありかもしれない。

2013年9月23日月曜日

「Fairphone OS」がチラ見できる動画が公開。 *追記あり

フェアトレード精神でスマホを作る「Fairphone」、そのAndroid OS 4.2ベースのカスタムROM、「Fairphone OS」がチラ見できる動画が公開された。


Fairphone OS: Teaser Film from Fairphone on Vimeo.



1)「Edge Swipe」ウィジェット:好みのアプリをスワイプ選択できる
;動画の中でホームスクリーン背景を長押しして扇状のメニューを出しているやつだろうか?ハードにClieのジョグダイヤルとかがあるならまだしも、画面がスッキリはするだろうが、普通にアイコンを置いておいたほうが選択までに手数も時間の無駄も少ないだろうに。

2)「Most Used」ウィジェット:「Last Used」(最後に使ったアプリ)と「Most Used」(一番良く使われるアプリ)が表示される
;平凡といえば平凡だ。

3)「Peace of Mind」ウィジェット:簡単に、通知やオンラインアクセスを決められた時間制限できるウィジェット
;時間を設定すると、スマホはサイレントモードになり、メールや電話の通知が来なくなり、オフラインでも使えるアプリしか使えなくなる。ただ、通信そのものをオフにしているのかどうかよくわからない。

Fairphone自体は、元々今年秋に完成予定だったものの、12月まで完成予定日が延期となっている。少なくとも、私が予約した今年5月時点では日本に発送してくれないことになっていたので(日本にも売るには技適マークとか取らないといけないからかな)、フィンランドの住所宛に送るようにしている。

*追記*
Fairphoneブログによると、この他にも、背景の色がバッテリー残量によって色を変える「Battery Mood Sensor」という機能もあるようだ。これはウォールペーパー/背景画の上のレイヤーとして機能し、オフにすることも可能だという。

2013年9月19日木曜日

MetaWatchがついにiOS7に対応!

iOS用のMetaWatchマネージャー、MWMがバージョン1.3となり、iOS7に対応した。iOS6でも動くとのこと。
このアップデートで、どんなアプリのどんな通知もMetaWatchに表示可能になったそうだ。また、新たなMetaFilterにより、どのアプリからの通知を表示するかを選択できるという。

アップデート方法についてはMetaWatchサイトのこちらに詳しく書かれている。

2013年9月2日月曜日

ちょっとほしいかも:ブームボックスにもなるヘッドフォンBoomphones - Phantom

ヘッドフォンを長時間つけていると、ものによって耳や頭が締め付けられて不快感があることがある。そんな時にはスピーカーで曲を聞きたくなる。かといって今の今までヘッドフォンで曲を聴いていたわけだし、スピーカーまで足を運んで音源をつなげ替えるのも面倒だ。

結局そんな時にはヘッドフォンの音量を上げ、首にかけるのだが(とはいっても外でやったら迷惑なので、私の場合これをするのも家の中でではあるのだが…)、そういう考えを持っている人は少なくないようだ。

だが、ヘッドフォンの中には音量を上げると音が歪むもの(ソニーのMDR-NC200Dとか)もあるので、全てがこのような用途に向いているわけではない。

そんな中でてきたのが、アメリカのBoomphones社のPhantomというヘッドフォン。これはヘッドフォンであると同時に、イヤーカップ外側向きにもスピーカーがある。つまり、ヘッドフォンとしても、ポータブルスピーカー/ブームボックスとしても使用できるという代物だ。また、イヤーカップにLEDがついており、光らせることも可能なのも面白い(個人的にはイヤーカップのロゴに購入意欲を削がれるけど)。





この動画を見ればなんとなくどういうことか理解できるはず。

Amazonではまだ扱っておらず、Rakutenでの扱い店舗も現在売り切れ状態となっている。



だが、商品の詳細も細かく書かれたdmr!や、Music House Friendsでは今のところ販売されている。

2013年9月1日日曜日

MetaWatchのFacebook通知はPebbleと比べると…




先日待ちに待ったFacebook通知機能が追加されたMetaWatchだが、その機能はPebbleのFacebook通知と比べるとどう違うだろうか。

Pebbleの方はFacebookの通知にしろメッセージにしろ来たらその都度Pebbleに表示される。メッセージをよく使う人/すぐに確認したい人にはPebbleの方が便利だろう。

一方MetaWatchの方は通知がプッシュされるのではなく、最低30分間隔で通知をチェックすることしかできないようだ(少なくとも今のところは)。

だが、通知が来て暫くの間しか通知を確認することのできないPebbleと違い、MetaWatchでは右上のボタンを押すことにより、最後に来た通知をいつでも見かえすことができる(再起動とかしたら消えるが)。

Facebookの使い方にもよって好みが分かれそうだ。