2013年1月21日月曜日

さらばオーディオテクニカ。ATH-ANC7、別れのイヤーパッド。分解編






長年愛用してきたオーディオテクニカのATH-ANC7だが、イヤーパッドがズタボロになってきた。別に手荒に扱っているわけではなく、経年劣化と言っていいだろう。特にヘッドフォンとしても、ノイズキャンセリング性能にしても問題なく、付け心地もいい。

同じくノイズキャンセル機能を備えたソニーのMDR-NC200Dと比較しても、ATH-ANC7は外耳をすっぽり包むオーバーイヤー式であり、耳に乗っかるオンイヤー式のMDR-NC200Dと比べて長時間快適な着用が可能だった。





MDR-NC200DがATH-ANC7よりも優れているところといえばそのサイズに尽きる。音はATH-ANC7の方が良く、MDR-NC200Dは音量を上げれば上げるほど音が歪む(そのため簡易外部スピーカーとしての使用も含めての用途をノイズキャンセリングヘッドフォンに求める私のような輩は購入を考えなおしたほうが良かろう)。


だがそれもイヤーパッドがぼろぼろになる前の話だ。黒いボロが剥がれ落ち、スポンジも露出してしまっていては、一番のノイズ環境が想定される外での使用が躊躇される。





悲惨なことに、なぜかオーディオテクニカはこのATH-ANC7の交換用イヤーパッドを販売していない。していることといえば税込5775円での「イヤパッド交換」、修理扱いだ。

部品だけ売ってくれれば愛着を持って長年使い続けるユーザーもいるだろうに、これは残念でしょうがない。もしかしたら「この値段出して交換するなら新しく(オーディオテクニカ製品を)買おうかしらん」なんて思わせようとしているのか。オーディオテクニカが何を考えて「交換用イヤーパッドは一般発売しない!」という決断を下したのかは分からないが、残念ながら私にはその金額を出して修理に出す気も、新しくオーディオテクニカ製品を買う気も浮かばなかった。

誰か自作でイヤーパッド作ってる人はいないか、少なくとも分解した人ぐらいいるだろう、と思いググってみるも分解は「分解能」とかいう話のみ、イヤーパッドも自作の人は見当たらなかった。

というわけで、イヤーパッド自作の気力は無いものの取り敢えず分解してみた。

両面テープでひっついている。硬いプラスチックで出来た外側部分とイヤーパッドの間の所に爪を引っ掛けて引っ張ったらとれる。




イヤーパッドの裏はこんな感じ。両面テープはこんなのでこんななってる:




で、そんなのが透明なプラ板みたいなのにひっついており、そのプラ板がイヤーパッドにひっついている。




イヤーパッドと本体の間にはこんなのが挟んである:




それを取り除くとこんなだ:




電池が入る側はこうなっている(電池がない状態):




電池を入れるとこうなる:




電池を入れるところを開くとこう:




(他のヘッドフォンをお持ちの方でイヤーパッドの外し方が知りたい方は、「kacho blog」さんの投稿「ヘッドフォン パッドの外し方」が役に立つかも知れない。)

まあイヤーパッドの交換費用もあって商売が成り立っているのだろうが。オーディオテクニカの製品が素晴らしいことに間違いはない。だがATH-ANC9を積極的に買おうという気は起こらないな。MDR-NC200Dだって交換用パッドは販売されていないが、例えばパナソニックのRP-HC700は交換用パッドを販売している(片方づつ購入可能で価格は税込1995円、両方購入すれば3990円という価格にはなるわけだが)。





「ニュージーランドの羊さんの革で耳を塞ぐからノイズがあんまり聴こえなくなるんだ!」と謳うアレだって、高価な(片方だけで5000円もする)交換用イヤーパッドを販売している。







結局イヤーパッド部分を分解したATH-ANC7は、イヤーパッドをひっ付け直した(トップの画像が付け直した姿)。オーディオテクニカも交換してくれなくていいから安くイヤーパッドを提供してくれればいいのに。

2013年1月20日日曜日

東芝製の、USBから単3/単4を四本充電可能、スマホなどに給電可能なブツを買って手持ちの品々と比較してみた。



電気屋さんの店員さんには「私の担当の洗濯機に関して言えば、東芝のものはオススメはしかねますね…」*なんて言われる東芝。そんな東芝の、USBから単3/単4を四本充電可能、USBでスマホなどに給電可能なブツ「TNHC-34AS」を買ってみた。
*(なんでも数年で故障したりなどの事例が多いのだそうだ。我が家の東芝の洗濯機は6年目で壊れたのでなんとも言えないが。ちなみに5年の保証期間が過ぎた次の年に壊れるといういわゆる「ソニータイマー」的な壊れ方であった。)

日立Maxellの機能的にはほぼ同じデバイス「MHRC-300WH.4P」とどちらにしようか迷ったのだが、モノリスのようなシンプルなデザインに惹かれたことと、Maxellのそれとは違い、オンラインレビューがひとつも見つからなかったためかわいそうに思ったので購入した。



こちら本体デザインは悪くないがパッケージデザインがダサいMaxellのソレ。
寸法:幅70.5×高さ100×奥行き22.9mm
質量:約88g




こちらが今回購入した東芝の「TNHC-34AS」。
寸法:幅71×奥行23×高さ98mm
質量:約80g(電池・付属品除く)


Maxellのヤツ、Kakaku.comのレビューによれば裏に穴が空いていて電池が見える構造に成っているとのことだが、東芝のものもそれは同じ。こういった点がわからないのはMaxellも東芝もマーケティングに手を抜いているようにしか見えない。もしかしたらこのようなデバイスはかなりニッチなデバイスなのかもしれないが、どちらの会社も商品の後ろ面の画像ぐらい載せろよと思った。




バックを露わにしたセクシーなデザイン。





さて、東芝のコレ。本体表面から見て右側の面にUSBアウトプット口(口の周辺にLED)、左側面にUSBマイクロBのインプット口がある。上の面はそのほぼ全体を左右にスライドさせることでインプット/アウトプットの切り替えが可能。アウトプット側にスライドさせると、USBアウトプット口に何も接続していなくてもLEDが点灯する。





色はクールだけど平凡な光らせ方だな。





「SANYO Eneloopスティックブースター」との比較

個人的にはこの「何も挿してないのに電池が消費される」のは好きではない。Eneloopのスティックブースターではそのせい(なのかどうかは定かでは無いが)でしょっちゅう勝手に出力モードになっており、スマホへの給電時間が短く感じることが多々あった。また、スティックブースターにはLEDはついていないのでオン/オフスイッチをよく確認しないと状態の確認もできない(それはそれでサイズの小ささと価格の安さに繋がるデザイン状の選択で悪いものではないのだが)。この東芝のやつはLEDが光るからオンかオフかはわかりやすいがそんな所で無駄にエネルギーを使うもったいないやつだ。スティックブースターの悪いところと東芝のコレの悪いところを足すとエレコムのモバイルバッテリーの完成だ(給電専用機としては良いものではあるが)。








その点、小さく出っ張りが引っかかりやすいスティックブースターと比較し、面積の大きく引っかかりの小さい天板を動かす仕様になっている(つまり、出っ張りに指を押し当てスライドではなく、指の腹を天板に押し当ててその摩擦でスライドさせる感じ)のは上手いデザインだと思う。





「SANYO Eneloop KBC-E1」との比較


また、いまいち自分の用途には向いていないEneloopのKBC-E1と比較してみよう。





コイツは、単3二本を充・給電出来るデバイスという点ではなかなか良く出来たデバイスだ。給電用にUSBmini-B型を使用する点はちょっと時代遅れであり、多くの購入者に複数のケーブルを所有することを求める(しばらく前にデジカメバッテリー充電用に購入したLinkageのやつも、USBからバッテリーに給電する際にはUSBmini-Bを使用)。一方の東芝のソレはUSBmicro-Bで、あり、大抵のスマホ給電用のケーブルで代用できる。




自分の使い方では単4も良く使う機会があるので、単4の充電ができないのが非常に残念だ。





「SANYO Eneloop NC-MDU」との比較





単3/単4二本の充電においては最高のデザイン。「私はコイツを愛している。」と公言しても恥ずかしくないほど素晴らしいデバイスだ。シンプルであり、小型であり、USBケーブルも内蔵している。単3/単4のスペーサーギミックもしっかりしている。




これは充電専用デバイスで、コイツから他のデバイスへの給電は出来ない。それでも無理に東芝のものと比較すると:
・東芝のやつも似たようなギミックを使っている(それでもそのギミック部分はNC-MDUの方がツメがない分美しいい、東芝のやつは無駄にバネも付いているようだ)。
・東芝のやつは電池を四本同時に充電できる。単3二本と単4二本といった充電も可能ではあるのだが、電池一本だと充電してくれない!これは電池を一本しか使用しない/三本使うようなデバイスを多用するモバイラーには結構致命的だ。愛しのNC-MDUは1本でも充電できる。




こういうのも出来るのはいいね!右の二本と左の二本は別々に充電されるようで、どちらかのペアが先に充電終了(緑LED点灯)となることもある。




しかしこういう入れ方をすると、カップル不成立となり、手前の2本は充電されるが奥の一本はその存在を無視され充電されない。所謂「ハミゴ」である。

だが四本同時に充電できるということも大きなことであり、それがこの東芝のやつを購入した理由だ。単4を四本使う100円給電器を携帯しているし、単3四本使うトップランドの給電器もバックパックにいれて持ち運んでいる。

だが、同じくバックパックに入れているNC-MDUは一度に二本の電池しか充電できず、二本充電し終わったら、それを確認した後に充電が必要な後の二本を入れ替える必要があり、結局手間も時間もかかることになっていた。





「東芝 IMPULSE」と「SANYO Eneloop」の比較。

Eneloopと比較した際のIMPULSEのデザインの残念さはあえて無視しよう。この東芝のデバイスには単3のIMPULSEが四本付属している。IMPULSEには「min.2400mAh」との表記、一方私が常備しているEneloop(のダサい王冠マークに下線が付いている第3世代のやつ)は「min.1900mAh」との表記がなされている。

Eneloopにも「min.2400mAh」の製品は存在する。クールに黒光りを放つ「Eneloop Pro」がソレだ。





付属品の「MPULSE」と同じものはこの値段。





この「Eneloop Pro」も、付属品の「IMPULSE」(型番は:TNH-3A)も、定格容量「min.2400mAh」、充電回数「500回」は同じ。ただ、1年後の容量残存率は「Eneloop Pro」が「75%」、「IMPULSE」は「85%」となっている。

容量の違いこそあるが、王冠に下線マークのEneloop(min.1900mAh)は充電回数は「1800回」、1年後の容量残量率は「90%」

充電池に関してはImpressの家電Watch記事「第11回:ニッケル水素電池はどれを買えば良い?【後編】」なども(この記事に出てくるIMPULSEは今回買ったデバイスについてくるものとはmAhが違うものではあるが)参考になるかもしれない。



補足。充電中のLEDは、スライド式の蓋を閉めたら見栄えがする。まるで忍者みたいだ。だがこれもデザイン的には諸刃の剣となっている。





この光らせ方はカッコイイな。だが少し傾けると…




左は充電中を示す赤LEDが、右は充電完了の緑LEDが点灯しているのだが、少し傾けるだけで目視しづらくなり、もう少し傾けるとただの黒い直方体、すなわちモノリスと化す。





まとめ

良い点:
・単3、単4を充電可能
・単3、単4で給電可能
・四本同時給電可能(二本づつ単3と単4とかも可能)
・蓋を閉めて充電するとカッコイイ

悪い点:
・一本づつの充電ができない
・充電中に蓋を閉めたら状態を示すLEDが目視しづらくなる

結論:素敵なデバイスだ。バックパックに入れて持ち運ぶことにする。これに伴い、単3四本使うトップランドの給電器と、ほぼ完璧な愛しのNC-MDUは旅用のでっかいバックパックにバックアップとしていれておくことにする。これまで旅行用のでっかいバックパックにいれていたKBC-E1は知り合いにあげることにしよう。

モノはいいのに宣伝が上手くできていないのが残念だ。公式サイトとか見ても製品の魅力が完全には伝わってこない(少なくとも私には)。

でも、ホントはSANYO(パナソニックと言うべきなのだろうが、パナソニックブランドの充電池はダサいし、SANYOブランドへの愛着があるので)に、その美しく優れたデザイン能力でこの様な製品を出してほしい。多分ニッチだから採算も取れないと見込んで出さないんだろうけど。

2013年1月14日月曜日

寝袋を買ったが、圧縮袋は買わまい。と心に決めてみた。

他県の友達の家に泊まらせてもらったときに、「どうぞ布団で寝て、僕は寝袋があるから」と颯爽と寝袋を取り出して寝る友達に憧れて…というわけではないが(実話ではあるのだが)、今度の旅行用に寝袋を買った。

コストパフォーマンスと収納サイズ、最低使用温度、そして特に重量を重視しての選択。

結果価格は6000円台中盤、収納サイズは20x40cm/10L、最低使用温度は-10度、重量は1400g(収納袋含む重さ)、そして日本のメーカーであるモンベルの「スパイラルホロウバッグ#3」を選んだ。






たまに天気予報で報じられる外気温よりも温度が低いというおかしな自室で使ってみた。自室はここ数ヶ月で寒い時は6度くらい。普段はとても分厚い羽毛布団を使っている(現在より少し薄い布団+ブランケットを使用していたときは寒くて眠れなかった)。

そんな中で薄手の寝間着でこの寝袋で寝てみたのだが、十分寝れた。特に寒い晩には多少うす寒く感じることもあったが、まあ春や秋に着るような寝間着で寝ていることを考えれば十分な暖かさだったといえよう。また、「とても分厚い羽毛布団」よりもこの寝袋の方が軽かったことも記しておこう。

公式表記では「快適睡眠温度域:0度~」、「使用可能限界温度:-10度」となっているのだが、公式の図では快適睡眠温度の最高温度は15度を少し超えるくらいのとこまでも含まれている。

この寝袋のサイズは「203x76cm」となっているが、公式サイトによると適応身長は一応「身長183cmまで」となっている。私の身長は174センチで、特に狭く感じたりすることもなく、寝心地は快適だった。

付属の収納袋に入れたサイズはまあ大体公称サイズ20x40cm(+数センチ)くらい。


ただ、大きさとコストをより重要視するならば、Snugpakのモノも良いとは思う。





こちらは重さ、最低使用温度がそれぞれ1700g-7度となっている。しかし価格は約半分の3000円台前半。そして収納サイズはなんと「22x20cm(圧縮後)」となっているのだ。(それと、購入の際にはSnugpakがイギリスのメーカーであることも頭に留めておいて欲しい。)

Snugpakの収納サイズ22x20cmと、モンベルの方の20x40cmを比べると(値段のことも考えると)ちょっと残念になってきた…いや、まてよ。この「22x20cm(圧縮後)」の『圧縮後』というのはどういうことなんだろう?

ちょっと調べてみたところ、どうやら寝袋は頑張って圧縮すれば小さくなるということがわかった。そして各社寝袋圧縮用の製品を出していることもわかった。そんでもってSnugpakのものには「圧縮サック」が付属している。

私が購入したモンベルのスパイラルホロウバッグ#3にも対応した圧縮袋が出ていた。名称は「コンプレッションキャップ」と言うらしく、なるほど、収納袋の上下にキャップをする形で、上下から押し付け圧縮するようだ。





(たぶん実際の商品画像はこの黄色い袋じゃなくて、商品画像2枚目の、この黄色い袋の上下に被さる黒い物体)

でも値段が1800円(+送料)と、Nokia Lumia 920購入に向けて節約中の身には即ポチ出来かねる値段だった。実際どれだけ圧縮できるか書かれてないし、それに、結局上下から押し付けるだけのモノだし…もしかしたら頑張れば自作できるんじゃないか?!

と思い立ったものの、実際に自作するのは面倒くさいな。どこかに新聞結ぶ紐無かったかな。




あった。




こちらが圧縮してない状態。じゃあ結んでみるか。





アハ!31x24(最短部20)くらいに圧縮できた!お金も使わなかったし、横に少し出た気はするが、小さくできた気もするし、めでたしめでたし。

(こんなことしてたらこの製品の売りである中空のスパイラルホロウが裂けたりするかも知れません。実際やる場合自己責任でお願いします。)

2013年1月9日水曜日

Palm Centroで急に日本語が文字化けするようになった>設定変えたら治った。

2008年から使っているPalm Centroだが、数日前から調子が悪い。

海外では通話用プリペイドSIMを入れ、通話に、SMSに、そして反応が超絶早い簡易辞書にと大活躍。日本では通話こそできないものの、反応が超絶早い簡易辞書として活躍していたのだが…。




日本語フォントが表示されなくなってしまった。CJK OSの「Enable CJKOS」をEnable/Disableしても治らず数日が経過。フォントファイルとかが壊れたのかな、と思って、Nokia Lumia 920に乗り換える後押しとしようと思っていたのだが…




CJKOSの「Char Set」オプションを「Japanese EUC-JIS」から「Japanese Shift-JIS」にしたら無事治った!




やっぱりPalmの素早さ、シンプルさには何者も構わないし、Centroの小ささ、QWERTYキーボードの使いやすさも使ったことのある機種どれにも勝る。時々外部からの軽い衝撃にともなってヴァイブレータが勝手に動いたりなどの挙動不審も出てきて入るものの、まだまだ現役。まだまだ使っていく事になるだろうな。



日本で使っているのは以下の辞書系ツールのみ。

標準の『英和/和英辞書』:英和と和英の辞書をわざわざ切り替える必要もなく、速度は最速。最高の簡易辞書。

『RoadLingua』:「FinEng」(芬英)と「EngFin」(英芬)辞書を入れている。Palm標準辞書よりも簡易化された辞書だが、辞書ファイルは無料だった気がする。

『MSDict』:「Oxford Concise English」という英英辞典が入っている。語源も記してある便利辞書。

『辞スパ』:たまに「漢和辞書」とか「国語辞典」とか。日本語難しい。

2013年1月3日木曜日

ドコモでSIMカードをMicro SIM(miniUIM)に変えてきた。

新年早々ドコモに行ってきて、SIMカード(FOMAカード AX03 白いヤツ)を、Micro SIMカード(miniUIM)に変えてきた。

なんでそんなことをしたのかというと、新しい携帯が欲しいから。NokiaのLumia 920を去年から

最初は家電量販店内のドコモ窓口に行ったのだが、SIMカード>Micro SIMカードへの変更手続きはドコモショップに行かないと出来ないと言われた。

ドコモショップに行ってみたら1時間待ちだと言われたが、頑張って待ってみた。後は特に問題もなく「ドコモUIMカード発行手数料2000円、消費税100円の、計2100円が電話代と一緒に請求される」、「古いSIMはもう使えなくなる」、「SIMのPINコードが新しくなる」と言われた程度で滞り無く完了。

といってもLumia 920はまだお金がなくて買っていないので、しばらくはXperia Activeで使うことに。じゃあ先にSIMカードサイズにするアダプタ買っておくべきだったな、自作せねばならんかな…などと思っていたのだが。

そういえば「フィンランドでデータ通信/インターネットを使うには」の投稿で紹介したプリペイドカードはSIM / Micro SIM両方に(正確にはどちらか片方に)対応できるよう切り取り線がついていたな、と思い出した。

フィンランドにいる間はプリペイドカードをSIMカードの形状で使っていたのだが、どうせ日本にいる間は使わないのでSIMカード状の型紙から切り離した。Micro SIMになってしまったプリペイドカードはフィンランドに行った時に(データ制限、使用期限を過ぎていなければ)また使うかもしれないので、入れ物にセロテープで留めておいた。SIMカードにMicro SIM状の穴ができたモノに、ドコモのMicro SIMを入れ込んで、セロテープで留めた。




こんな感じ。

セロテープの厚みがあるのでSIMスロットに入らなくなるんじゃないかと心配したが、あんまり無理せずとも入れることができた。無事に使えてる。ああ、いつになったらLumia 920が買えるんだろうか。

2013年1月2日水曜日

あけまして、パソコン開けました。

皆さま、あけましておめでとうございます。

SSD化して快適に使っているASUS Eee PC 1025Cだが、昨年10月頃に知り合いに「なんかそのパソコンカラカラ言ってるけど大丈夫?」と指摘されていた。別に問題なく使用できていたので放置していたが、新年までにはなんとかしようと思っていた。結局12月末に過去の記憶と過去の投稿を元に開いてみた。

発見したのは…





外れているネジ。




どうやらHDD固定用のネジが外れていたようだ。きっとまた外れるんだろうな、と思いつつも締め直し、中の埃を払っておしまい。