2013年12月23日月曜日

Pebbleに専用アプリストア(のアプリ)ができるそうだよ

2014年はじめにPebble用のアプリストア、「Pebble appstore」がオープンするとアナウンスされた。アプリを探したり、インストールしたりといったことが、iOSかAndroidのアプリで可能になるんだそうだ。

アプリのカテゴリーは、
・Daily(日々のなんか:例えば天気、渋滞状況とかニュースヘッドラインなど)
・Remotes(リモート:他デバイスのコントロール系、音楽やカメラ機能、車のドアロックなど)
・Sports & Fitness(スポーツとフィットネス:カロリー表示やラップのカウント、ワークアウトのガイドとか)
・Notifications(通知:ソーシャルメディア、イベント、オークションなど)
・Tools & Utilities(ツールとユーティリティ:通貨コンバーター、計算機、ローカルサービスを探すとか)
・Games(ゲーム:クラシックゲーム、パズル、ターンベースゲーム、アクションなど)
の6カテゴリが用意されるそうだ。

また、Pebbleのデベロッパー向けポータル「Pebble Developer Portal」もアナウンスされており、こちらも来年初めにPebble SDK 2.0と共に公開されるそうだ。

0 件のコメント: