2013年6月26日水曜日

ミニマル便利。スマホのカレンダーをPebbleに「Pebble Calendar」

Pebbleにカレンダーを表示させるアプリ「Pebble Calendar」をご紹介。「カレンダーアプリ」とは言っても、Pebbleに表示できるのはカレンダーそのものと、「予定のある日」に下線をつけて表示するくらいだ。

このアプリをAndroidスマホ*にインストールし、アプリを開く。開いてできることは、カレンダーWatchfaceとカレンダーアプリをPebbleにインストールすること、そしてそれらに関する設定だ。
*ちらっとググった限りでは、このアプリのiOS版は存在しないようだ。

「カレンダーWatchface」では、Watchfaceに当月のカレンダーが表示されるだけだが、「カレンダーアプリ」ではPebbleのアプリ(右中央ボタンを押すと表示される画面の下の方に「Calendar」として出てくる)として、Pebble右側ボタンを使用し当月以外の月のカレンダーを見ることもできる(上:前月、中央:当月、下:次月)。

「Pebble Calendar App」(これが書かれている部分をタップすると、プルダウンメニューが表示され、「Pebble Calendar Watchface」画面にも移動できるようになっている)の設定とインストールの画面が表示される。設定では、カレンダーの背景の色を白にするか黒にするか、週の初めを日曜にするか月曜にするか、そして、カレンダーの設定ができる。
カレンダーの設定では、どのカレンダーに記されている予定を元にするか、「一日中」としてカレンダーに入力されているイベントも含めるか、などの設定もできる。

MetaWatchのように、予定の詳細や時間は表示されないが、「それはスマホで実際に確認すればいいか」と割り切り、おおまかに「予定のある日、ない日」を確認するツールとしてはとても便利だ。

「Pebble Calendar」はGoogle Playから無料ダウンロード可能だ。

0 件のコメント: