2013年3月21日木曜日

海外でノマドワーキング。海外で安くネット環境を手に入れるには。まとめページ

きっと、多くのノマドワーカーは、インターネット環境さえあれば(もちろんパソコンとかも要るんだろうけど)働けるんだろう。そしてそんなノマドワーカーの中には、海外を旅する者、海外をこれから旅しようという人もいるはずだ。そんな方々、そしてそうでなくても海外旅行中にインターネットを(比較的安めに)使いたい方の役に立てばと、私の訪れた先でのネット環境構築方法を記そうと思う。

私は日本ではドコモの携帯を使っており、海外でも日本との通話にはドコモのSIMカードを使用している。ドコモには「海外パケ・ホーダイ」というサービスがあり、対象国では(海外に行くとNTT DoCoMoから自動的に届くSMSによると)「日本時間1日単位で利用料に応じて約24.4MBまで1980円、最大2980円。」でネットが出来る。いざとなればこれを使えばいいという安心感はあるのだが、一日2980円というのは安くはない。

なので基本的には行く先々の国で、プリペイド式のデータSIMカードを購入することになる。これをするにはSIMロックフリーの携帯端末を持っていることが前提となるるが、なければ海外の電気屋さんや携帯屋さんで:
 A:SIMロックフリー端末とか(パソコンも使うならテザリング可能なモノ)
もしくは
 B:USBでパソコンに接続したらネットに繋げれるヤツ(正式名称なんて言うんだろう?USBインターネットスティック?フィンランドではMokkula/モックラと言えば通じる)
などを適当に買えばいいだろう。

その上でプリペイドSIMカードを購入するのだが、国によっては買い方やら制度も違うので注意だ。以下は私が実際にその土地に行って購入、使用してみた時の事を記した投稿である。

*イギリス編(あとで書く予定) 2013年
*デンマーク編(あとで書く予定) 2012年
ドイツ編 2013年
フィンランド編 2012年

プリペイド式は、日本の携帯会社などの海外パケ・ホーダイサービスなどよりも格安ではあるものの、もしその国に長期滞在したり、何度も訪れるというのであれば、やはり定期契約の方が安くなるかもしれない。一番いいのは気心の知れた友達を現地に作り、彼らに代わりに契約してもらうのがいいだろう(違法かもしれないのでちゃんと合法性を確認してからやるべきでしょう。当ブログは一切責任を持ちませんし、違法行為を推奨しているわけではありません)。

0 件のコメント: