2013年2月10日日曜日

Xperia Activeの裏蓋部品がとれたので別色のを着けてみた。 *追記:ゴリラガラスに傷はつかない。飛散防止フィルムと私のハートとは違ってね。



ちょっと容量とかスピードがきつくなってきたが、先日現役復活させてからはメイン機として使っているXperia Active。だがしばらく前から、裏蓋に透明な部品で繋がっているべき充電コネクタ部分のカバーが、裏蓋からとれるようになってしまった。ここ最近は充電時にこの部品を外した後、無くさないよう気をつけながら使っていたのだが、もしこれを無くしてしまったらせっかくの売りである防水性も形無しである。




だが、この部品の劣化は作ってる側も事前に認識していたのか、本体背面は別色の替えがついてくる。




あ、ストラップ部分のゴムも破れそうだ。まあこれは今のところは気にしないふりをしよう。




換装完了。これもなかなかかわいいかも。この白いバックは、これまで使っていた黒のやつと触感もちょっと違う。黒のは見た目もちょっとマット地っぽく、触った感じも指が滑りはしない感じ。だが白のはパールっぽい感じ(?)の見た目で、触った感じはツルッとする。




スクリーンはゴリラガラス製だった気がするが、傷が付いている。これは最強のフランス製メモパッド、ロディアのホッチキス部分がバッグ内で擦れた結果できたもの。*どうやら画面の傷ではなく飛散防止フィルムについた傷だったよう、詳しくは後述。





こんなことしても大丈夫なのに、まさかこれに負けるとは…





オレンジ色が印象的なRhodiaのメモパッドと、オレンジのストライプが印象的なXperia Active、バッグの中で互いに嫉妬してたんだな、きっと。




傷が付いているのはスクリーンではなく飛散防止フィルムだとTwitterで@jaazijpさんが教えてくださった。普通購入時に携帯のスクリーンには液晶に傷がついたり汚れたりしないように付いているフイルムとは違い、その名の通りガラスが割れた際に破片が飛び散るのを防ぐためのもののようだ。はがしてしまうと保証がなくなるらしいのだが、傷があっても画面が見づらいのではがしてしまうことに。

画面側のマイクとかスピーカー用の開口部周辺に段差があったのは飛散防止フィルムが貼ってあるためだったのか。びっちりきっちり貼ってあるので剥がすのも難しいかも。




一番鋭角になっているマイク側の角っこからハサミで引剥がした。




結構力がいるかも。




ガーン、やっぱり画面にも傷が…しかし布で擦ってみると…




ワオ!綺麗サッパリ、裏のパネルも変えたからまるで新品みたいになった。@jaazijpさん、教えてくださりどうもありがとうございました。

でも飛散防止フィルムをひっぺがす方はくれぐれも自己責任でお願いします。

0 件のコメント: