2013年2月12日火曜日

これ、いいかも。「MetaWatch Mgr - Noah Edition」

MetaWatch Community Editionは昨年12月から、公式のMetaWatch Manager for Androidに至っては昨年11月からアップデートされない(公式はアップデートしているはずなんだけど今になってもGoogle Playストアには反映されてない)。そんななかでじゃんじゃんアップデートされているのが今回紹介する「MetaWatch Mgr - Noah Edition」。

ファームウェアアップデート当日にもアップデートがあり、今日付けでもまたバージョンがアップされている。「Noah Edition」と名がつく通り、Noah Seidmanさんが個人的に使おうと作ったけど公開しているモノで、Community Editionの派生系のようだ。

一応説明ではこんな利点が書かれている:

・コネクションプロセスが一瞬、まるでワープのように早い。
・オートリコネクトも極めて早く、とてもスマート。
・WakeLockマネージメントがかなり良く、携帯がディープスリープ状態でもウォッチにアップデートをプッシュすることが出来る。別の言い方をすれば、バッテリーライフがスンゲェ。
・メモリーマネージメントが素晴らしい、特にサービスをdisableした際とか。サービスをDisableしてからEnableすれば正にまっさらな状態に。

Community Editionとは違い、Noah'sだとPalm OS時代からの手の中の友、「Neko」もとい「MetaNeko」の動作が良く、残像を残さなくなった。今後にも期待。

0 件のコメント: