2013年1月9日水曜日

Palm Centroで急に日本語が文字化けするようになった>設定変えたら治った。

2008年から使っているPalm Centroだが、数日前から調子が悪い。

海外では通話用プリペイドSIMを入れ、通話に、SMSに、そして反応が超絶早い簡易辞書にと大活躍。日本では通話こそできないものの、反応が超絶早い簡易辞書として活躍していたのだが…。




日本語フォントが表示されなくなってしまった。CJK OSの「Enable CJKOS」をEnable/Disableしても治らず数日が経過。フォントファイルとかが壊れたのかな、と思って、Nokia Lumia 920に乗り換える後押しとしようと思っていたのだが…




CJKOSの「Char Set」オプションを「Japanese EUC-JIS」から「Japanese Shift-JIS」にしたら無事治った!




やっぱりPalmの素早さ、シンプルさには何者も構わないし、Centroの小ささ、QWERTYキーボードの使いやすさも使ったことのある機種どれにも勝る。時々外部からの軽い衝撃にともなってヴァイブレータが勝手に動いたりなどの挙動不審も出てきて入るものの、まだまだ現役。まだまだ使っていく事になるだろうな。



日本で使っているのは以下の辞書系ツールのみ。

標準の『英和/和英辞書』:英和と和英の辞書をわざわざ切り替える必要もなく、速度は最速。最高の簡易辞書。

『RoadLingua』:「FinEng」(芬英)と「EngFin」(英芬)辞書を入れている。Palm標準辞書よりも簡易化された辞書だが、辞書ファイルは無料だった気がする。

『MSDict』:「Oxford Concise English」という英英辞典が入っている。語源も記してある便利辞書。

『辞スパ』:たまに「漢和辞書」とか「国語辞典」とか。日本語難しい。

0 件のコメント: